FC2ブログ

アクティブラーニングの土台

アクティブラーニングへと教育の方向性は決まり、特に大きな反対もなく進んでいるようです。
まあ、いつものことですが。
反対しても、何も変わらないことは皆さんご存知なんでしょうね。

アクティブラーニング自体、ある意味正論というか、方向性としては王道でしょう。
更に、グローバル社会云々まで付け加えられて「最強」になった感はあるし。

議論や説得、プレゼンなどの「知識の活用重視」ということ自体、誰も反対はしないでしょう。

ただ、問題はその知識についてです。

曖昧な知識のままでは、議論の土台というか前提そのものが貧弱になります。

説得力以前の問題ですよね。

かと言って、いつまで経っても「まだまだ心配だ」と情報集めだけに奔走しているのでは、アクティブラーニングで期待するものと逆行してしまいます。

どこかで「見切り」をつける、或いは、情報や知識の面の共有の場を設ける等々が求められるのかと。
やはり、新しい試みだけにまだまだイメージできない部分が多いですね。

まあ、とっくの昔から実践している多くの外国のやり方を参考にすれば良いんだ、と言われればそうなのかもしれませんが。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント