FC2ブログ

インクのシミ

活字はインクのシミです。

紙の書籍の場合、ただのシミです。

このシミから人は情報を得て、そしてものを考えるのです。

何故、そんなことができるのか。

謎の部分も多いようです。

そもそも、ヒトが言葉を使えること自体、謎だらけなのです。

『言語と言う名の奇跡』という書名の本があるくらい謎。

謎の解明を待つよりは、まずは上手に使えるようになること。

それには、書物を読み、考えること。

そして発信すること。

発信することで、思考は更に深まります。

発信するときには自分の言葉での組み直しが行われます。

この時に、読みを再体験し、一段深く思考するのです。

勉強も人に教えることで、理解が深まる。

これと同じですね。


国語学習の演習と違って、比較的自由なスタンスで、自由に緩急をつけて読む読書は最高の楽しみになります。

至福の時間ですが、この下地は小学校高学年から高2辺りまでの読書量で決まると思います。

優先順位を見誤りたくないものですね。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント