FC2ブログ

高1生は4月を大切に!

高1生にとって、4月は高校生活に「慣れる」ための期間、とよく言われます。
あまり最初から飛ばし過ぎて、GWが明けた途端に「5月病」にでも罹られたら困る、という学校側の懸念も理解できます。

しかし、

それでは出遅れます。
4月半ば。
それは、高校生活最初の定期テスト(中間テスト)に向けての戦いの中盤戦にかかっているのです。
GWは「追い込み」の期間です。

そんなに最初から自分を追い込んで大丈夫なのか。

大丈夫か否かについては分かりません。
個人差も大きいし。

ただ、確実に言えることがあります。

それは、最初に出遅れると追いつくには相当苦労する、ということ。

高校1年、1学期の学習は早い人では1月から始まっています。
私立単願の人です。中高一貫校の人はもっとずっと早くから始まってますが。
公立高校前期合格の人は2月半ばからスタートしています。もう2か月も進んでいるんですね。

だから、「中盤戦」や「追い込み」という言葉は間違っていない。

何故そんなに焦らせるの?

それは、

大学入試への道はそれほど厳しいから。
そして、高校生活はあまりにも忙しいから。

だから、

それが分かっている人は最初からガンガン飛ばしているのですね。

一生に一度しかない高校生活。
やり直しのきかない高校生活。
出遅れたくないものです。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

【遠方の方も吾妻線を利用して、土日、祝日中心に通っている塾です。長時間の個別演習形式で鍛えて結果を出しています。お気軽にお問い合わせください。】

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント