FC2ブログ

嫌うから嫌われる

本日も覚悟の入塾1名。
有難うございます。
期待以上の結果を必ず出します。
今日の覚悟に至るまでの葛藤と決断とに思いを馳せるとき、心の身震いを禁じ得ません。

それから、

今日も通知表結果の報告を受けました。

今日の報告分だけで、

小学生のオールAが2名。

中学生のオール5が1名。
あと1ポイントでオール5という中学生5が1名。
あと2ポイントの中学生が1名。
通知表で前回より合計4ポイントアップし、さらに実力テストので学年2位にまで上り詰めた塾生も。

実技科目まですべて5の塾生2名がこの中に含まれています。
去年あたりから、通知表に5やAだけが並んでいる塾生が増えてきました。
各学校でもリーダー的存在なのでしょう。

さて、

今日は「嫌うから嫌われる」という話。
人間関係の話ではありません。
苦手科目の話。


苦手科目については、「私達の方」がその科目を嫌っているのですね。

例えば君が数学を嫌いだとしましょう。
数学が君を嫌っているのか、君が数学を嫌っているのか。
「まずは数学が私を嫌うから、私だって数学を嫌いになったんだ」
と、言いたい人もいるでしょう。喧嘩と同じでどちらが先ともなかなか言えるものではありませんね。

ただ、一つ言えることがあります。

それは、

数学に好かれようとすることは無理だ、ということ。
相手を動かすことは不可能なのですね。
数学は数学でそこにあるのですから。
「どうして数学がこんなに難しくできているんだ」と怒ってもしかたない。

君にできることは、ただ一つ。

君の方から歩み寄ること。
相手を変えることは不可能ですが、君自身が変わることは可能です。
だって、君自身が変わろうとすればよいだけなのだから。

それができないから苦しいのだ。

と、言いたいのでしょうが、
さて、君は本当に歩み寄ろうとしてきたでしょうか。

それを問いたい。

少しでよいのです。歩み寄ること。試しに歩み寄ってみること。今までとは態度を少しだけ変えてみること。

実は、それだけで数学の見え方が今までと大きく変わることがあるのです。
飛び込んでみること。
勇気を出して。
歩み寄れない言い訳など探さないで。

視野が全く変わってくるはずです。

数学を変えることはできませんが、君自身が「少しだけ」変わることはできるはず。

大人になると、嫌いな人と一緒に仕事せなばならないことなど普通にあります。
苦手な仕事を任されることだって、普通にあります。

それを逃げずに受け入れて、何とか折り合いをつけているのが大人なのです。

嫌いは嫌いで仕方ない。
が、少し歩み寄ってみること。
歩み寄った先から見える新しい視野を経験しないのは、もったいないことですよ。


(塾の方はそろそろキャパが限界です。)
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント