FC2ブログ

受かるつもりで受ける

前期試験は倍率が高いのですが、「ダメもと」のつもりで受験してはいけません。

少なくとも当日は「受かるつもりで」受けること。
それが礼儀です。

「どうせダメだし」という気持ちで受験しないこと。
試験官はちゃんとそこを見ていますよ。

「前期で受かれば早くラクになれる」
という気持ちで受けるのもダメ。
そんな姿勢もお見通しです。

受験では、早くラクになりたい、という気持ちが出た人から負けます。
戦いは全てそうです。
後期試験まで戦う。
最初からそのつもりで戦うこと。

前期試験は通過点です。
が、当日はその前期試験に受かるつもりで臨むこと。

どんなに苦しくても、この苦しみは永遠には続かないのです。
期限付きだから頑張れる。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント