FC2ブログ

佐久長聖中合格体験記 2017

今年、齊藤塾からは佐久長聖中に2名の合格者を出すことができました。

そのうち1名の合格体験記をお読みください。

Hさんの合格体験記です。

「私が佐久長聖中学校に行きたいと思い始めたのは、小学3年生の時でした。そして4年生の時に塾に入りました。4、5年生の時は週2回で休みの日を中心に通っていました。その時、塾では学校の基礎を学習していました。その頃の私の成績はオールAではありませんでしたが、塾の学習を続けたのでオールAに変わりました。
6年生になってからは、週3回から月20回以上通い、佐久長聖の過去問を何回も解き、私の苦手な応用算数も時間をかけずに解くことができるようになりました。過去問を解いていると、何となく同じパターンの問題もあり、自分なりに理解できました。また、分からない問題は塾の先生に解説してもらったり、家に帰ってからも2時間、兄に教えてもらったりしながら勉強しました。
その他には、1週間を単位にして勉強する範囲を自分なりに決めて取り組みました。そうすることで、自分なりに計画を立てて勉強するようになりました。これからも続けていきたいと思います。
入試当日はなぜかあまり緊張せずに受けることができました。それは問題をたくさん解いて、少し自信がついたからだと思います。
そして、私が合格できたのは、塾の先生やお世話になった人達のおかげだと思います。
本当に感謝しています。」

学校の成績もきっちり上げたHさん。
入試直前には過去問を何年分も繰り返し繰り返し解き、自信をつけました。この1年でとても頼もしくなりました。
受け身ではなく、自ら様々な工夫をしながら学習しています。
「自分なりの工夫」
この姿勢は、佐久長聖中に集う優秀な生徒達と切磋琢磨するうえでも、生きてくることでしょう。

合格者の生の声。

説得力がありますね。



ひとつひとつ覚える

暗記物の覚え方。

① ひとつひとつ覚える 
② 定着するまで反復する

以上。

またまた当たり前のことしか言わない人だなあ、とお感じでしょうか。

「当たり前のことを知っている」

これと、

「当たり前のことを実行している」

とは全く別物です。

つまり「後でまとめて覚える」というのはダメだと言っているのです。
さらに「一回覚えてほったらかし」も勿論ダメに決まっている、と言っているのです。

でも、実際はこういう人が多いのですよね。

だから、

やるかやらないか。それだけ。
実行しただけで、頭ひとつ出るのです。

覚えられるときに、少しでもよいから覚えておく。
これが有効です。

「中途半端は嫌だから、いつかまとめて覚えよう」
これはダメです。「いつか」は来ないから。

言うまでもなく、授業の進度に合わせて覚えてゆく。
これがベストです。

齊藤塾では各学校の授業進度に合わせて指導しています。


さて、

齊藤塾では公立高校前期試験合格者がいるのですが、後でまとめて発表いたします。
トップ校合格者もいます。

後期試験受験生の追い込み時期ですから。

成長するチャンス到来

公立高校前期試験の結果が残念だった人。

後期試験に向けて、頭の切り替えはできましたか?
そもそも、
想定外の結果ではなかったはずです。
落ち込む必要は全くありません。
淡々と受け止めて、「予定通りに」後期試験対策の勉強を継続するだけです。

人はこういう時に成長します。
人はこういう時に強くなれます。
成長するチャンス到来!

今日言いたいことはこれだけです。

そもそも、前期試験と後期試験。
合格の切符を受け取るのが早いか遅いか。
それだけの違いです。
後期合格の人も4月からは、今日合格した人と同じ学校に通うことになります。
それだけのこと。


さて、

今日は、

ある塾生の定期テストの主要5教科の合計点。
この推移を改めて見てみました。

入塾前の定期テスト・・・414点

入塾後1回目の定期テスト・・・433点

入塾後2回目の定期テスト・・・456点

入塾後3回目の定期テスト・・・467点

こういう成績の伸び方。
私は評価したいと思います。
ゆっくりだが着実。安定して伸びている。
そして、1度たりとも下がっていない。

見えないところでも、こつこつと努力を重ねている。
それが形となって表れている。

このような塾生は確実にトップ校に合格します。
地力がついているのです。
実力テストでも安定的に高得点をとっていますから。

入塾することで、努力の方向性が見え、学習の歯車が良い回転を始めたのですね。

少数精鋭塾ですので

本日も、

お問い合わせ及び見学日程調整ご希望の方1名。

入塾面談ご希望の方1名。

連日のお問い合わせ、有難うございます。

齊藤塾は1学年10名程度の小さな塾です。
「少数精鋭塾」のスタイルにこだわっています。
これが私の理想。
齊藤塾は絶対に大きくしません。
塾長が直接指導するスタイルを維持するためです。

だから、講師を雇ったり、分校を作ったりする気は全くないのです。

指導のクオリティを維持、さらに高めることだけを意識して日々仕事しています。

遠方から矢倉まで通塾してくれる塾生、送迎してくださるご家族には本当に頭が下がります。
期待以上の結果を出すべく、日々精進します。



お問い合わせ等はお早目にお願いします。
(例年よりお問い合わせ件数がやや多めです。)

齊藤塾には入塾基準があります。

地元の方は、チラシでご確認ください。
遠方の方は、電話で直接お尋ねください。
(HP記載の入塾基準は変更されています。技術的な問題があって、この部分の文言の変更ができないのです。)

さて、

塾生達は今日も期末テスト対策、入試対策等で自らと戦ってゆきました。

明日は前期試験の合格発表日ですね。
受けた人は、受けたことを忘れてくださいよ。




常に備えを

本日はブログの更新が遅れました。

光回線の工事の為、2時間ほどネットが止まっていたためです。

インターネットが2時間止まっただけで、うろたえているようではダメですね。
便利な道具に頼り過ぎは危険です。

便利なものほど脆弱ですから。
災害でガソリンが来なくなっただけで、車は役にたちません。
6年前に痛いほど経験したはずでした。

電気に頼り過ぎている生活も時には反省すべきでしょう。

近い将来、面倒くさいことはロボットがやってくれる時代が来るようです。
好むと好まざるとに関わらず。

自分では何もできない人にならないようにしたいものです。


さて、

今日も入塾面談のご予約を頂きました。
有難うございます。

満席になり次第、締め切ります。
少数精鋭塾ですので。

努力の方向性

齊藤塾は自立型学習塾なので、教室内で塾生達は一人一人が自分の課題プリントに黙々と取り組んでいます。

指導者である私が気を付けていることの一つに、
「努力の方向性と到達地点を指し示すこと」
があります。

一人一人の得意、不得意に注意を払いながら到達目標を見定める。
その方向に向かって努力させる。

努力の方向性。

塾生達の時間は有限です。
通塾回数も、学習時間も有限です。
無駄な事柄に時間を割いている暇はないのですね。

何が無駄で、何が正しい方向か。
それは一人一人違う。
そこを見極める。

塾生達にはそれは分かりません。
初めての経験だから。



仕事は結果で評価されます。
塾生達も私も真剣です。

例えば、現在の中2生なら中2生で、目の前の学習は人生最初の経験なのですね。
どんなに優秀な生徒でも初めての経験の連続なのです。

必要かつ十分な指導。

それ以外、塾生達が許してくれないと思って日々仕事をしています。

中1、中2の期末テストも近い

今日は、自治医大に合格した卒塾生が報告に来てくれました。
嬉しいですね。

運動部に所属していたため、学校の課題をこなすのも忙しかったが、必死に食らいついて頑張ったそうです。
学年が上がるにつれ、学年順位も順調に上がり、3年後半には最上位に。センター試験では理系でもトップクラスの得点だったとか。もし、自治医大がダメでも国立大学医学部に合格する自信はあった、と。何とも逞しいコメント。
部活引退後は特に集中して学習し、劇的に成績が伸びたとのことです。
そういえば中3夏以降の成績も劇的も伸びました。もちまえの集中力。トップ校とはいえ自治医大には10年以上も合格者が出ていないとのこと。先生方もさぞ嬉しいことでしょう。

「シンプルにやるべきことをやる。目移りせずに」

大切なことを再確認させてもらいました。
有難う、S君!

このブログを始めた3年前には、S君もまだ中3生だったんですよね。
高校3年間のなんとも短いこと。



さて、

中3生が入試直前なのは言うまでもありません。
連日、実戦問題や過去問と戦っています。

実は、中1、中2の期末テストも近いのですね。
齊藤塾では、ワークの反復が終わった塾生から予想問題のプリントに取りかかります。

2月16日を指折り数えている君へ

2月16日(木)までの日数。
これを毎日数えている君へ。

君はもう負けているようなものだ。
気持ちの弱さがその姿勢に表れているから。

2月16日(木)は公立高校前期試験の合格発表日。
残酷な日だ。
もし受かっていれば、その瞬間に受験勉強は終わる。
長く苦しかった戦いから一瞬で解放される。

全くその通り。

その通りだからこそ、そんなことばかり考えている君は負けているのだ。

早くラクになりたい、と思った瞬間に戦いには負ける。
戦いとはそういうものだ。
気持ちの弱い人から負けてゆく。
その弱い気持ちを短期間に立て直し、後期試験を戦うことは難しい。

だから、

強くなろう。

前期試験など受けたことは忘れよう。
「2月16日」という雑念を振り払おう。

「後期試験まで戦い続ける」

それしかないと思え。最後まで戦い続ける。
それだけを考えよう。
今の苦しみが永遠に続くわけではない。
「期限付き」の苦しみなのだから。



本日も見学、面接あり。
定員になり次第締め切ります。



卒塾生が自治医大に合格!

遠方の高校に通っている齊藤塾の卒塾生が自治医大医学部医学科に合格しました。
先ほど、お母様よりご連絡頂きました。嬉しいですね。

おめでとう!
S君なら、立派なお医者さんになることでしょう。
期待しています。

「齊藤塾入塾後、実力テストで60点上がった」と合格体験記を書いてくれたあのS君です。
行きたい高校に合格し、部活に勉強にと充実した高校生活を送り、自治医大に合格。
最高の高校生活ですよね。

これで、4月からは齊藤塾の卒塾生4名が別々の医学部で学んでいることになります。齊藤塾の狭い教室でほぼ同時期に学んだ塾生達が、お医者さんを目指して各地の医学部で学んでいる。嬉しいですね。誇りに思います。

さて、

本日もお問い合わせを頂きました。
有難うございます。

明日は体験入学の塾生が1名。

そういう時期になりましたね。

さて、未来の医学部生に出合えるかな。

一部地域では12日(日)にチラシを折り込みます。

満席になった学年から締め切ります。


大雪の日に家族の一員になった三毛猫ちゃん。
今日、避妊手術を終えて病院から帰ってきました。
長く飼うにはしかたありません。
この件についてはまた後で書きましょう。



人は突然成長する

人の成長は突然やってくる。

そう思います。

「人はなかなか変われない」

これは真実です。

ところが、

なかなか変われないはずの人が、突然変わることがあります。
外から見えないところで何かが積み重なって、それが臨界点に達して突然変わる。
積み重なっている間は、何も変わっていないように見えてしまう。

そして、自分でも進歩がないように感じられてしまう。

努力を継続していれば、見えないところで必ず進歩している。

少し進歩が止まったくらいでめげないこと。
一喜一憂しない。
だから、淡々としている人が強い。
習慣の力の凄さ。



サナギが蝶になるように、一気に大人になってしまう。

一人の人生にとっては数少ないそんな場面。
そんな場面に遭遇できるのがこの仕事の醍醐味です。

締まった面構えになる。

私が思うjに、
自分から動こうとしている人は成長も早い。



今の塾生達を見ていて感じることです。







プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント