FC2ブログ

意識から無意識へ

新しいことを学習するときには、努めて意識的になるべきです。

何を新しく学習しているのか。
どの部分が大切なのか。
以前学習したことと、関連しているところはどこか。

今学習している内容を目の前jに置いて、じっくり観察する。
「今、私はこれを学習しているんだ!」と、徹底的に意識する。

これは絶対に必要なことです。
何となく学習しない。
新しく学習することを甘く見ない。

そして、

次に大切なこと。

新しく学習した内容を演習を繰り返してゆくなかで無意識に落とし込んでゆくこと。
つまり、考えなくても手が動いてしまう位になるまで演習を繰り返すこと。
意識から飛んでいるのに手は正確に動いている、という感じに。

丁度、毎日の通勤ルートを今日も同じように通ってきたはずなのに、途中の道を通った記憶が部分的に消えているような感じ。
「あの道、通ったかなあ。でも、今ここを通過しているのだから通ったはず」
そんな、感じ。毎日やっていることはそんな感じですよね。

無意識に手が動く。

この状態が最強です。
一旦この域に達するとなかなか忘れません。
学習した内容が定着しない人は、それを無意識にまで落とし込めていないのです。
意識の領域で宙ぶらりんになっている。

無意識に手が動く。

齊藤塾ではこれを目指します。
だから、自分でプリントを仕上げて塾長のチェックを受け、間違ったところはヒントをもらって直す。
そして、完成したうプリントは次回通塾時にまた解くことになる。
無意識への定着を狙っているのですから当然ですが。
まあ塾生にとっては厄介な塾かもしれませんね、齊藤塾は。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント