FC2ブログ

苦手の克服

本日も実力テストで学年2位、3位、6位の報告あり。
上位層の戦いは熾烈を極めています。
10点くらいの幅に数名がひしめき合っていますね。

さて、

齊藤塾では明日から徐々に冬期講習モードに入ります。
学年によっては最終の単元テストが残っているようですので、まずはそれらが終わってから。


勉強は好奇心に引っ張られてやるのが理想です。

まあ、好きでやっている人には敵いません。
「好き」にはあまり理由がないことが多い。
ちょっとしたきっかけで好きになった。
あまり努力せずにも良い結果が出るから。
何となく相性が良い、という感じのものも多い。

逆に、どうも相性が悪い、努力しても結果が出ない、というものもあります。
それが試験科目にあれば避けて通れないのですが、それでも好きになれない。

「好きになれないものを好きになる方法などない」

そうかもしれませんが、そうも言ってられない事情もありますよね。

苦手克服法はあるのか。

いくつかあります。

1.毎日少しずつ取り組む。

毎日会っている人には愛着も湧きます。それと同じ。
毎日やることで忘れるいとまを与えないので、想起するのに苦しい思いをせずに済む。
これって結構有効です。毎日15分はこの教科に取りくむ、と決めておく、とか。

2.短期集中で突破する。

逃げたい気持ちを振り払って、例えば3日間はその教科だけやる。
要するに覚悟を決める。逃げてばっかりいるから、苦手科目がモンスターのように肥大化する。しっかりと対峙すると、意外や意外「結構可愛い」と感じたりするものです。短期集中で食わず嫌いを脱する。どこかで覚悟することですね。「なんだ、やればできるじゃなか」という体験を自ら引き込む。

3.困難は分割する。

苦手の中でも、少しは「取り組んでやってもいいかな」という部分があるはず。まずは、そこから崩してゆきます。自分でも取り組めるサイズまで分割してしまう。つまり、ハードルをとことん下げる。崩しやすいところから崩してゆくことで自信が生まれる。崩し残した部分に取り組む勇気が持てる。最後まで残った部分まで崩したいという欲が出てくる。

以上、どれも有効ですが、特に私のお勧めは最後の3の方法です。できるところからやる。最初から欲をかかない。

この方法で調子が出てきたら、目標を設定して一気にやっけつけても楽しいですね。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント