FC2ブログ

寝る人は勝つ!

どうしても合格したい人は、夜は寝ましょう!

十分な睡眠時間を確保しない人は昼間に頭が働きません。
学習に集中できません。集中すべき昼間の時間帯に睡魔と戦いながらダラダラと学習することになります。
それならば夜に集中できているかと、それもありません。「夜は長い」と思っているから、これもダラダラ無駄に時間を使うことになります。昼間も夜もダラダラと学習している。最悪ですね。これで学習効果が上がるはずがありません。

どこで間違ったか。

寝るべき時に寝ないのが悪いのです。
もっと具体的に言うと、就寝時刻を決めてないのがマズイのです。就寝時刻を決められない人は、体内時計が狂いまくっています。だから、床に就いてもすぐに眠れないのです。起床時刻になっても、あと5分寝たいなどと言う。一日のスタートからダラダラとしたリズムで動く。

体内時計が正しく機能している人は、床に就いた瞬間に眠りに落ちます。次の瞬間に「あれ?」と思うと、起床時刻になっています。間が全くない感じ。それも毎日同じ時刻に目覚める。しかも、起きた瞬間から全開モードの一日が始まる。「よし!今日も頑張るぞ!」という戦う気持ちになれる。寝ぼけまなこで一日が始まるようなことがない。
人間の体内時計はかなり正確です。特に、若い人は寝る時刻と起きる時刻を決めれば2~3日で正しいリズムが完成します。

寝る時刻と起きる時刻をしっかりと決めること。最初は寝る時刻になっても、眠くならないということもあります。それでも「無理やり」寝る。絶好調で勉強が進んでいて、もうちょっと進めておきたい、と思うこともあるでしょう。それでも絶対に寝る!逆に寝る時刻になる前に睡魔が襲ってきて、どうにも起きていられないということもあるでしょう。それでも絶対に起きている。この姿勢で寝る時刻をしっかりと決めます。起きる時刻も同じ。起床時刻になったら「どんなことがあっても」起きる。どんなに眠くても起きる。逆に、起床時刻より前に目覚めても、絶対に起きない。

体にリズムを覚えさせるにはこれ位のことが必要です。これを実行することで、驚くほど短期間に体内時計が機能し出して生活にリズムが生まれます。そして、「起きている昼間の有限の時間」を無駄にしないようにという気持ちが生まれます。睡眠時間を確保したことで、昼間の使える時間が有限だという事実を確認することができます。有限の時間を集中して学習しようという姿勢になれるのですね。そして、昼間の有限時間を精一杯学習したら、それが自分にできることの全てなので、結果については受け入れよう、という腹の座った気持ちになれるのです。

以上のことは私は自信をもってお伝えできるのです。何故ならば、私自身が身をもって実験したことだからです。誰に教わったことでもない。追い詰められた私が実行してその効果に驚いたことなのです。人の脳は夜眠っている間に何らかの「整理」をしているようです。しっかりと脳に整理する時間を与えてやりたいものです。

受かりたい人は寝ましょう!
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント