FC2ブログ

貧困と学習

貧困を理由に進学を諦める。

そんな子供が増えていると聞きます。
とても残念で悲しいことです。

私は、貧困のために進学を諦めるという選択はしたくなかった。
何とかして進学する道はないかと模索し続けた。

同じような境遇の人は、当時の私の視野の中には一人もいなかった。
寂しいことだったが、仕方ない。
自分一人で「工夫」するしかなかった。

今思えば、突拍子ないことも随分試した。
結果的には大いなる遠回りをしただけだった。
時間がないのに。
これらが「良い思い出」になるには、まだ暫く時間が必要のようだ。

貧困の中での学習。

親自身がその生活に苦しんでいる。子供とすれば早く社会に出て経済的に助けてあげたい。その気持ちを振り払って進学を目指す。その苦しさ辛さは、経験した人でなければ分からない。勿論、正解はない。自らの決断で高卒、あるいは中卒で社会に出るという選択をする。そして、自らを鍛え上げ社会に貢献している人は少なくない。心から敬服する。

貧困だというだけで、すべてが限られる。

限られた時間、限られたお金、限られている選択肢。
夢を持てと言われても悲しいだけかもしれない。

しかし、限られていればいるほど、頭を使うしかないとも言える。
見本はない。
頭をクリエイティブに使って自分だけの生き方を模索する。
ギリギリのところまで追い詰められたら頭を使うしかないのだ。

まあ、緩んだ学生時代を送っている同世代の人よりも得るものは多い。

「これらの経験は、ずっと後になって効いてくる」

これは私の実感。
自分では、やったこともないのに、これと同じアドバイスをする教育者がたまにいる。
その言葉の軽さに震えが止まらない。

卑屈にならずに、クリエイティブになること。
これが大切。まあ、簡単なことではないが。

若い頃の貧乏自慢では誰にも負けない自信のある、私からのメッセージでした。



さて、雪になりそうですね。
11月の大雪?

いよいよ期末テストに突入です。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント