FC2ブログ

実戦経験の差

本日は入塾のご予約を頂きました。
有難うございます。

それと、実力テスト学年1位の報告。
上位数名の戦いが熾烈を極める学年での1位。
お見事です。

実戦経験の差って大きいですね。
ぎりぎりのところで最後に勝つのは、実戦経験豊富な人です。

齊藤塾での学習は、大量の実戦問題演習が中心です。
あらゆる角度から出題される問題に取り組む。この経験を積み重ねることによって、足腰の強い学力が身につくのです。

今年のオリンピックでは日本選手がメダルラッシュとなりました。
4年後の東京オリンピックを見据えて、予算の増額が叶ったのが一つの理由だと言われています。

では、増額された予算を何に使ったか。

海外遠征。

実戦を想定した対外試合の経験.
本物の力をつける唯一の道です。
どんな相手を前にしても、ひるまないだけの豊富な経験を積むこと。
それしかない。

この効果が日本のメダル数となって表れているのです。

来年春の選抜高校野球では、前橋育英と健大高崎が選ばれそうです。
この二校も桐生第一も、豊富な対外試合で強くなりました。
だから、横浜高校、浦和学院、作新学院などのビッグネームと対戦しても臆することが全くない。
勝つつもりで戦っている。そして、実際に勝つ。

受験勉強でも全く同じことが言えます。

大量の実戦問題での演習。
これが、トップ校合格への唯一の道です。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント