FC2ブログ

後戻りしない覚悟

齊藤塾のような塾に入塾するときには、生徒自身の覚悟が求められます。

後戻りしない覚悟。

保護者の皆さんも月謝や送迎についての決断が必要なことは勿論です。

が、やはり生徒自身が大きな決断をする必要があります。

入塾した日から自由な時間は確実に減ります。
回数も多く、時間も長い塾で学習することは、自分自身の自由な時間が大きく制限されてしまうのです。
リラックスする時間、趣味に使う時間、友人と連絡を取り合う時間等々が激減します。

そもそも、既に学校の勉強や部活の時間だって自分自身で自由に使えない時間です。
その上に、長時間学習を強いる塾にわざわざ入る必要が何故あるのでしょうか。


入塾生が求めているものは、ただ一つ。

「結果」です。

結果とは、学校の成績向上、受験生の偏差値上昇、そしてトップ校への合格を指します。

結果のためだったら、自由な時間の制限も我慢できる。
そういう人のための塾です。

どうしても結果が欲しいから耐えられる。
そういう「大人の」発想のできる人のための塾です。

そういう人達が集う塾。
だから、「結果」が出るのです。

塾生達の覚悟が違うのです。

夏期講習での戦いが目に見える「結果」となって表れています。
つらく長い夏休みの戦いでしたが、結果が出ることで報われます。

そして、大きな自信になります。
さらに将来の見通しがたちます。
覚悟、そして我慢のご褒美のなんと大きなことか。



プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント