FC2ブログ

パラリンピック

パラリンピックをテレビで観ていて、ふと感じたこと。

それは、オリンピックを視ていた自分とは明らかに違う自分がいること。
オリンピックの時とは視点が全く違う自分。

日本選手だけではなく、他国の選手も同じように応援している自分がいる。
わけ隔てなく応援している。
日本の勝ち負けに重きを置くような張り詰めた見方ではないのだ。

だから、オリンピックの時よりも「競技そのもの」を良く見ることができている。
パフォーマンスの素晴らしさに感動している自分がいる。

その選手がどこの国の代表だろうが関係ない。
感動的なパフォーマンスを見せてくれる選手達に感謝の気持ちが芽生えている。
むしろ、遠くの国から参加してくれた「友人」のような感覚さえ覚える。

いかに「敵」を倒すか、という視点が薄れている。
お互いに最高のパフォーマンスで競い合う素晴らしさ。
相手がいるからこそ、発揮できたパフォーマンスをお互いに称えあう、というスポーツ本来の素晴らしさがそこにある。

そんな気がする。

もしかしたら、これこそがオリンピックの「正しい観方」なのではないだろうか。

何故、私がこのような観方をしているのか。

所詮、オリンピック後のサブの大会だからという観方をしているからか。
オリンピックほど「結果」を求められていないと思えるからか。
残された機能を最大限に鍛えた人々が繰り広げるパフォーマンスだからか。
選手たちの真剣味がストレートに伝わりやすいからか。

・・・分からない。

ただ、ひとつ言えることがある。

それは、オリンピックが超人達の繰り広げる世界最高のパフォーマンスの披露の場であり、それを私は「観客」として、あるいは「応援席の客」として観ている。
それに対して、パラリンピックを観ている自分は、つねにアスリート達から何かを学ぼうとしている。

選手達が「オリンピックの超人」達より身近に感じられるから?
いや、それもわからない・・・・。



プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント