いざ、夏期講習モードへ!

今日もお問い合わせを頂きました。
有難うございます。

そういう時期になりましたね。
齊藤塾に興味をお持ちの方は、このブログをお読み頂き、覚悟のうえでご入塾くださるようお願い致します。

明日でほとんどの学校の期末テストが終了します。

いよいよ夏期講習モードに突入致します。
「しびれる季節」がやってきますね。

吾妻郡の各学校の夏休みは正味1か月ですね。
受験生は部活終了と同時にエンジン全開で「勉強漬け」の生活に突入してもらいます。

9月の模試で説得力ある結果を出す。

それだけに集中します。

齊藤塾からトップ校に合格した塾生は、みな充実した夏期講習での演習をこなしました。

受験生にとって、秋以降は「一瞬で」過ぎ去るイメージですよ。
体育大会、シルバーウィーク、文化祭などなどやってるうちに、気がつけば11月の三者面談となります。
それまでに説得力ある結果を模試で出しておくこと。
それが全て。
具体的には9月と10月の模試で偏差値を上げておくこと。

念のため言っておくと、9月以降の模試は試験範囲が一気に広がります。

だから、

夏期講習が秋以降の成果の土台となるのです。
たった1か月しかありません。

お盆休みなんて取っていられません。
人生かかっています。

学習の幅

学習の幅を広げることも、自立型学習塾の役目だと自負しています。

導入部分は極力学校に任せて塾では演習時間を多くとる。
さらに、教科書の範囲を逸脱してはいないのだが、初見では戸惑うような問題の演習量を増やす。
そんなことに気を配りながら日々の指導に当たっています。

あくまでも、入試問題を意識しながらの指導です。余談や雑談をしてしまっては時間がもったいないと思っています。受験生は1点差や2点差で人生が変わるかもしれないのですから。

入試の枠内でありながら、幅を十分に広げておく。

一見、これは矛盾のように思われるかもしれません。しかし、それくらい「教科書の範囲」というものは幅が広いものなのですね。

入試が終わった後で、大手塾の先生方の多くが「教科書レベルの良問」というコメントをされますよね。
あれは嘘ではないのです。私達の目から見れば教科書の範囲内です。当たり前ですね。
出題範囲はあくまでも教科書の範囲内と決まっているのですから。

ところが、実際に受験した生徒の感想としては「どうしてあれが教科書レベルなの?」となるのです。

教科書を何度も何度も読み返しただけでは解けない問題も多いのです。
もちろん、教科書を熟読するのは最低条件なのですが。

教科書の範囲を逸脱しない良問。
手ごたえ十分な教科書レベル問題。
これらの演習量の差がトップ校受験での合否の分かれ目になります。

教科書と入試問題のギャップ。

このギャップを埋めるのが齊藤塾のような自立型学習塾の仕事なのです。

本当の教科書レベルってこんなに深い。
本当の教科書レベルってこんなに広い。

これを体感させるのが自立型学習塾の仕事なのです。


さて、

今日は午前に私立高校の先生からご訪問予定の連絡を頂きました。
また、午後には別の私立高校の先生が突然訪問されました。

私立高校の先生方も真剣です。
良い刺激を頂きました。感謝です。

俯瞰的指導

学習そのものは自分自身と向き合うことが多いわけです。

自分の頭を使い、思いめぐらすこと。
その日々の積み重ねがたくましい土台となるのです。

それがぎこちなくてもよい。
頼りなくてもよい。

自分の頭を使って考えた。
自分だけで到達できた。

それがささやかな自信となるのです。
ささやかだけれども、確実。

しかし、

「それだけ」で良いのか。

どんなに優秀な生徒でも、その学年の学習内容は人生で初めての経験。
目の前の学習項目を順を追ってクリアーしているだけなのです。

その学習内容が全体の中ではどこに位置しているのか。
2年後、3年後の学習とどのように関係してくるのか。

そこまでは、分からない。

全体を俯瞰して見ているわけではないのです。

全体を俯瞰できるのは、経験者。
2年後、3年後、そして5年後まで見通したときに、今日学習したことが何の土台になるのか。
そこまで視野に入れた指導をするのが塾の役割だと考えています。
一人の生徒を長く指導できるメリットですね。
醍醐味と言い換えてもよい。

掃除と学習

掃除と学習の共通点。

掃除は同じところを毎日やる。

同じ部屋の同じ窓を拭いているのに、昨日拭き足りなかった部分を今日見つける。
そしてそこを拭く。
全体、昨日よりもきれいになる。
昨日は見えなかった部分が今日は見える。
それは何故か。

昨日、そこ以外をきれいにしたから。
昨日ほかの部分をきれいにしておいたから、今日はそれ以外の部分の汚れが浮き上がって見える。
昨日の土台があるから、今日のさらに美しくなった窓がある。

学習もこれに似ている。

だから、毎日やる。
復習で何度でも上塗りをしてみる。

必ず新しい発見がある。
更なる深みが見えてくる。

それは、昨日までの学習の姿勢が甘かったからではない。
昨日までの学習の土台があって初めてそれが見えたのだ。

消化不良が一番ダメ

習ったけれども、できるようになっていない。
つまり、消化不良。

これが一番ダメ。

学校でやったはず。塾でやったはず。ワークで一回解いたはず。

だけれども、忘れている。
やったはずなのに、できるようになっていない。

最悪。

習った時間、解くのに要したエネルギー、教えてくれた人の思い。

そのどれもが報われない。
それだけでなく、自信喪失にもう一つの上塗りがなされることになる。

だから、

一度習ったことは「絶対に」手放さない!
必死で食らいつく!
こだわりぬく!

復習とはそれくらい重いことなのだ。

復習は何度でも何度でもすべき。
自分の常識になるまで。
無意識の領域に落とし込めるまで。

「自分はどうしてこんなに忘れっぽいんだ」
と、泣きながら復習する。

泣きながら何度でも。それくらい思いを込めるべきこと。

上位校に合格する人は皆このことを知っている。
最初から知っている。
そして、当たり前のように「実行」している。

だから強い。
だから合格する。「当たり前のように」合格する。

彼等、彼女たちは見えないところで泣きながら復習している。

それも、当たり前のように。

意識、無意識

英語なんて慣れだよ。

数学なんて慣れだよ。

そして、勉強なんて慣れだよ。

そう言う人は沢山います。
その通りです。慣れです。

ただし、「最初から」慣れるということは不可能です。
当たり前ですよね。

新しいことを学ぶとき、最初は思いっきり意識することが大切です。
一つ一つを「指さし確認」しながら、ゆっくりと確実に学んで行きます。
ここで、省略したり、暗算したり、手を抜いたり、甘く見たりしてはいけません。
土台の部分こそ大切なのですから。

そして、反復を重ねることによって、徐々に意識せずにも手が動くようになってきます。
これは自然にそうなるのです。
いつの間にかそうなるのです。

無理してスピードを上げようとしてはいけません。
あくまでも自然に。

すると、

いつの間にか無意識の世界に降りて行きます。
いつの間にか「自分の習慣」そのものになります。

こういった順序を経て、学習は身につくのです。
従って、ある程度の時間はかかるのです。
継続、つまり努力も必要です。

当たり前です。
だって、勉強なんですから。

最初から慣れている人なんていませんよ。

・・・といういつもの話でした。

期末テスト対策、実力テスト対策

中3生は多忙ですね。

今日は、期末テスト直前の塾生は期末テスト対策、期末テスト終了者は実力テスト対策。
目まぐるしい学習スケジュールです。

イギリスのEU離脱決定。
まだまだ、正式離脱までには様々な手続きが必要なようですが。
拡大し続けてきたEUですが、今後は何があるか分かりませんよね。

教科書の記述がまた変ることでしょう。

災害もそうですが、何があっても驚かない心の準備が必要な時代になったようです。

私はここ数日、過去の資料などを整理しています。
ほとんど使われずに積んであっただけの資料も少なくありません。

もう少し、シンプルにすべきですね。
ちょっと反省しています。

さて、また土日になります。

大雨の中、先ほど塾生達が帰って行きました。
最近の雨の振り方は異常ですね。
温暖化が関係しているのでしょうか。

合格者掲示

教室内の合格者の掲示を新しくしました。

つい先日までは私の手書きだったものを、プリンター印刷の綺麗なものに。
気分一新です。

改めて合格者の顔を一人一人思い浮かべてみました。
様々なドラマがありました。

高校入試。

前橋高校、高崎高校、前橋女子、高崎女子、群馬高専、渋川高校、渋川女子、高崎経済大附属などなど。

頑張る塾生達に恵まれ続けてきたことを再確認しました。
大逆転合格も沢山ありました。
〇〇高校〇名合格、などとチラシに書いたりしますが、1名の合格が生まれるまでには様々な紆余曲折がありました。
ほぼ、毎年のことですが、保護者の方からは「ほとんど無理かもしれないが挑戦させたい」とのご相談を受けます。
それからがドラマになるのです。

気持ちが折れない塾生は最後には受かります。
これが実感。
全く迷いがない、というか。
そして、日々の行動に無駄がない。
一つ一つの学習を確実に身につけている。

確実に前に進んでいるのだが、道のりは余りにも遠い。

そんなイメージ。
こういう人は最後には受かりますね。
合格ラインにのるまでにはハラハラしますが。
成績が安定するまでには、アップダウンも繰り返します。

だから、ドラマなんですね。

さて、今年のドラマも既に始まっています。



そうそう、中学受験の実績も並べてみると見栄えがします。
中央中等6名合格。佐久長聖中6名合格。

勿論、大学受験組も頑張ってくれています。

一人一人の塾生達が、私の塾の歴史を作ってくれたのです。

自然災害

九州地方では大雨が続いているようです。

震災の次は大雨。
最近の雨の降り方は異常ですよね。
何度「50年に一度」という言葉を聞いたことか。

被災地の方々にはお見舞い申し上げます。

災害はいつやって来るか分かりません。

齊藤塾の地区も、九州並の大雨に見舞われたら、きっと「陸の孤島」になることでしょう。
道路は各所で寸断されると思います。

天明3年の浅間山の大噴火。
その火砕流は時速100kmとも言われています。
その火砕流。
どうもこの土地(矢倉)まで一気に流れ下ったことは容易に想像されます。
地図を見る限り、そんな気がします。

そして、吾妻川が蛇行し、さらに狭くなっているこの土地で火砕流は逆流して一瞬でため池のようになった。
そう思います。

流れてきたものの一部は矢倉にとどまった。
鎌原のお寺の石碑がここで発見されています。

川沿いの畑では今でも焼石(溶岩)が沢山見られます。
子供の頃、私は何の疑問も感じずにその石を見ていましたが。

浅間山の「鬼押し出し」でみられる焼石と同じものが、畑に転がっているのです。
畑の端には焼石が山になっている。
畑から出たものです。
以前、このブログでも写真を掲載しましたね。

多孔質の石は、コケ庭作りなどによく利用しました。

火砕流で神社の杉に火がつき大騒ぎになった。
すると、勇敢な坊さんがその杉に登って枝を切り落として神社を救ったと。
この土地では有名な話です。

円心という名の高僧。
お墓は齊藤塾の教室から西に7mほどの所にあります。

偏差値68が3名

ある学年の塾内テスト。

偏差値68の塾生が3名。
5教科合計で1位と2位が1点差。
2位と3位が4点差。

なんとも熾烈な戦いです。

これをどう評価するか。

「なーんだ、偏差値70以上の塾生が一人もいない学年じゃあないですか」
とみることも可能ですが。

私は一人一人が積み上げた一点一点を評価してあげたいと思います。

鍛えあう仲間がいる環境ですから、これからどんどん伸びて行くと信じます。
なにせ、ちょっとしたミスも許されないのですからね。

誰か一人飛び出せば、他の二人も無理やりついて行くしかありません。

マラソンの35km付近での争いのように。

楽しみですね。

ただ、私は観客ではなくてコーチ。
ある意味「仕掛け役」でもあります。

そういう意味でも楽しみです。




プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント