FC2ブログ

後回しにしない

今日は「上から目線の構造」について考察しようかと思ったのですが、後日に回します。

というわけで、いつもの話。

自分の弱点が発見できたときに、後回しにしないことが「受験で勝つ」ためのポイントです。後回しにする、ということはやらないに等しいからです。

いや、いつかはやるのだ。
いや、機が熟したらやるのだ。

だいたいこういう人はやりません。大人でもそうですから。

棚上げにする。引き出しにしまう。
これって、自分の視界から消し去るということです。見たくないモノは見ない、という姿勢。やりたくないことを避けるという姿勢。

これが逃げでなくて何でしょう。

だから、弱点が見つかったときに、今日この瞬間にその克服に「着手」する人は強い人です。逃げていないから。強い人だけが受験で勝てるのです。

一旦は逃げても、ずっと逃げ続けることはできません。またしばらくすると、この弱点が足を引っ張ってきます。それも、二度目、三度目となると、「ああまたこの問題で出てきた。これ苦手なんだよね。あの時に克服しておけば良かった」などという後悔の念が自分を苦しめます。要するに、つらさが増幅されるのですね。一度目で逃げる人は、増幅された二度目以降にはもっと逃げたくなるのです。自分で「モンスター」を作っているようなものですね。

逃げずに克服に着手する人は、そのことが自信になります。いや、今回は完璧に克服できなくても、挑戦したという事実が自信になるのです。逃げなかったという事実が自分を強くするのです。

苦手って不思議です。逃げると「モンスター」になるのに、逃げないで真正面から見据えると「女神」になります。微笑んでくれるのです。

なんだか人間関係に似ていますね。
相手を大切にすると、相手からも大切にしてもらえる。

同じです。

という当たり前の話でした。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント