FC2ブログ

指導が沁み込む条件

私の指導が塾生の頭に沁みこむには、「まず塾生自らの頭で考えておく」という準備段階、つまり指導に対する受け入れ態勢が欠かせない。

まずは、自分の頭で考えてみる。ぎこちなくてもよい。後で考えると恥ずかしいようなアプローチでもよい。問題意識を最大限にして準備しておくこと。これが、絶対に必要なのだ。

突然与えられても、キョトンとして終わり。
指導の意味も深みも実感できないのだから。

「考えることは、困難に対する『反応』のことだ」と哲学者は言った。

教科学習においては、カリキュラムに沿って「予定通りの学習」が進められる。

予定通りの流れにしか見えないことがある。

だからこそ、意図的に「困難な場面」を作り出す必要がある。
その学習をすべき意味、重み、有難みを実感させるためにも、困難を作ってあげる。

困難がなければ学習に深みが出ない。
困難に直面して自分の頭で考えて考えて、問題意識が最高潮に高まったところで、ヒントを与える。場合によっては、途中まで連れて行ってあげる。道しるべが見える直前で一人で歩かせてみる。

一人一人の理解度や個性に応じて、様々な指導方法を選択する。

この仕事の醍醐味だ。




プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント