FC2ブログ

学校の授業を大切にしよう!

中学受験、高校受験、大学受験。

いずれの受験でも、学校の授業を大切にしている人が合格しています。学校の授業を軽く見たり、馬鹿にしたり、なめてかかったりしている人は、例外なく痛い目に合っています。教科書をもとにした学校の授業。これが中心軸として揺るぎないものとなっている人は、塾の実戦的な指導を容易に理解し、自分のものとすることが可能です。参考書の記述や模試の解答を読んでも、十分に理解できます。

例えば中学受験。

齊藤塾からは過去に中央中等に6名、佐久長聖中に6名の合格者を出しています。

指導のスタート時点では、教科書の徹底理解に時間をかけます。小学校の内容と言えども、完璧に自分のものにできる人は多くはないのです。だから、徹底理解を達成した段階で、すでに頭ひとつ出ているのです。考えなくても手が動くくらいに、反復し徹底理解を目指すこと。これしかありません。その上に、適性検査対策、作文対策、入試テクニックがのってくるのです。何といっても土台が大切。こういう当たり前のことが理解できる受験生やその保護者の方は、それだけで受験に対する正しい心構えができていることになります。一方、教科書レベルのことはサラッと流して、受験テクニックで鍛え上げるのが正しいやり方だと考える人達は、大きな遠回りをすることになります。

受験で最も大切なこと。それは、あまりにも当たり前のことを、「真面目に実行する」ということ。齊藤塾だって塾です。塾生募集に際して「齊藤塾メソッド3段階〇〇方式。中央中等合格にはたった3つのことを実行するだけでよい。それは・・・」とか「たった3か月で合格レベルまで引き上げる合格請負人、齊藤塾」などとアピールすれば、問い合わせてくれる人が増えるのは知っています。でも、そういう広告でなびく人はそれなりです。そういう親子にはそういう塾がふさわしい。私が出会いたいのは、そういう人達ではない。

勉強は魔術ではない。塾長は魔術師ではない。当たり前のことを、当たり前に実行できる人。その当たり前のことを「確実に実行する場」として齊藤塾を選んでくれる人。そういう人と出会いたいのです。教科書レベルのことを完全に身につけるには反復が必要。それにはどうしても時間がかかる。エネルギーも要る。合格を手にするまでには、浮き沈みが必ずある。何回か絶望する。受験とはそういうもの。時間とエネルギーを使って弱い自分と対峙する。その繰り返を通し、苦しみ抜いた最後に強い自分を手に入れる。受験を通して強くなる。受験とはそういうもの。近道は絶対にない。絶対に。




齊藤塾からは毎年、県内トップ高校にも合格者を出しています。(詳しくはHPの実績ページをご覧ください。)高校受験についても上記と同じことが言えます。大学受験でも同じ。

高校受験についても書こうと思ったのですが、ちょっと熱くなりすぎたかもしれませんので、今日はこのへんで終わりにします。続きはまた後で。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント