FC2ブログ

頻繁に会うこと

今日も期末テスト学年1位の報告を受けました。
3学期期末テストの集計結果の発表が始まったようです。今のところ、齊藤塾では中1生で学年1位の塾生が2名となっています。さて何名まで伸びるか。前回を抜いて欲しいと思います。

ある英語の大家が「英単語を暗記するコツは頻繁に会うこと」だと述べています。「会う」とは面白い表現ですね。反復の重要性を述べたのでしょうか。或いは多読すれば、自ずと「会う」機会は増えると言いたかったのかもしれません。意図的に会うか、会いそうな場面を増やしてゆくか。

例によって、大家の勧める学習法の「あたりまえ度」の高さよ。
目新しいことなど少しもない。
結局「やるかやらないかにかかっている」といういつもの結論。
逆に言うと「ついに完成!〇〇新学習法」などは大したことないのかもしれませんよね。



「とりあえず少しやってみて、自分に合う方法だったら継続しよう」

私はこういう考えは嫌いです。
勉強に「とりあえず」などという気合い不足のスタートはあり得ません。
最低でも半年くらいは、騙されたと思ってガムシャラにやる。
指導者を勝手に信じてついてゆく。それしかありません。


「様子を見ながら」などもあり得ない。

「お試し入塾」もよくない!
(我ながら変な塾長ですね。)

いつでも元の生活に戻れるような、腰が引けた姿勢でのスタートでは何も得られないのです。

だから、塾って「飛び込む」ものなのです。

退路を断って、つらく厳しい生活へと飛び込もう。



さて、

齊藤塾では今日から新高1生対象の高校準備講座を始めました。
後期試験が終わったばかりなのに。
いやいや、大学入試を見据えたときには、今日から始めても中高一貫校の生徒達からはだいぶ遅れているのですよ。
次の忙しい日々がもう始まっています。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント