FC2ブログ

二番煎じ

書店を覗いても、ネットをチェックしても、様々な「学習法」に溢れている。

「究極の」とか「最新の」とか、さらには「脳科学を応用した」とか。
大概は、どこかの大学教授の推薦文つき。

こんどこそ、と思って書籍を読む。
あるいは、学習ソフトに挑戦する。

どうもうまくゆかない。

新鮮なうちは楽しく学習できるのだが、程なく飽きてくる。
計画表を作ったり、自分へのご褒美を用意したり、或いはペナルティーを課したり。

それでも、ダメ。

なんだか「しっくり行かない」感じがする。

今日はその「続かない理由」の話。

理由は簡単。「二番煎じ」だから。
つまり、もう出涸らしになっているから。抜け殻というか。

ちょっと考えれば分かること。
何故、巷にはこれほど多くの学習法が溢れているのか。
それは、どれも「しっくり行かない」から。
皆「今度こそ究極の学習法」と思って、渡り歩くから。

ちょっと考えればわかること。
その学習法の開発者と全く同じ学習法を「実行」している人は何人いるのか。
おそらく、ゼロ。つまり、その学習法を実行している人は開発者タダ一人。

それが普通。

それは何故か。
どんな学習法も開発者「個人のもの」でしかないから。

受験業界でも「〇〇学習法派」と「××学習法派」の2つの派閥で、優劣を競い合ったりしても良いはずではないか。
でも現実はそうにはなってはいない。

全ては「二番煎じ」。
だから、味が薄い。

では、どうしたら良いか。

そう、自ら開発者になるしかない。
開発者と言うと大袈裟になるかもしれない。
だって、あなたの学習法を「実行」できる人はあなただけなのだから。

自分の学習法を自分のためだけに開発し、そして自分だけで実行する。

そして、そう、自分だけで大きな成果を得る。

自分の頭を使い、手を使い、のたうちまわって、苦しみ抜いて学習を積み重ねない限り、自分の学習法は掴めない。
それ以外の方法は全て「二番煎じ」の味気なさを再確認するという、遠回りの虚しさを上乗せする作業にしかならない。

他人の学習法を参考にするのは大いに結構。しかし、あくまでも参考程度だ。開発者が熱く語れるのは、彼が開発者自身だからだ。自分で学習法を掴み取り、結果を残して興奮状態にいる。誰かに伝えたくてしかたない。でも、誤解してはいけない。私達が同じ興奮状態を経験できるようなことはない。絶対にない。だって私達は開発者ではないから。

1500円程度の書籍を読んだくらいでは学習法は自分のものにはならない。

覚悟を決めて自分で動くこと。

前橋育英高校S合格、合格体験記

今日も一名の入塾が決まりました。
覚悟の入塾です。
長時間、自分と向き合う塾への入塾を自ら決断。
もう、後戻りはできません。「おとな」への脱皮に一歩近づきました。

子供達の日々の成長には目を見張るものがあります。
頭の切り替えが間に合わないのは、周りの大人の方かもしれませんね。

今日は、今年前橋育英高校にS合格したMさんの合格体験記を掲載します。
前橋育英S合格は前高や前女への合格がほぼ間違いなしというレベルです。
育英S合格を目標に齊藤塾に入塾したMさん。当初の目標を見事に達成しました。


【前橋育英高校にS合格したMさんの合格体験記】

「私がこの塾に入塾したのは、部活動が終わった7月の下旬頃でした。この時の私の学力は、学校で実施される実力テストで400点もとれないくらいのレベルで、元々は前橋育英の2類を第1志望にしていました。その後、齊藤塾で約5か月学習し、志望の2類よりも上の、しかも1番上のSランクで合格することができました。
私は小学校の時から数学が苦手で、自分でどれだけ勉強をしても点数を上げることができませんでした。しかし、入塾してから受けたテストでは、学年11位から学年1位になることができました。塾では主に繰り返しの勉強法だったのですが、このおかげで公式ややり方が身についたのではないかと思います。
齊藤塾の教室に入れば、勉強する環境が整っていて、全員が自分と向き合いながら勉強しています。このような環境で勉強できたことが、志望校合格につながったのだと私は思います。」

何も付け加えることはありません。

齊藤塾の指導方法については、合格者に語ってもらうのが一番ですね。確かに数学で学年1位になっています。それと、実力テストでは、2学期後半のテストで春の時点での得点よりも80点以上も上がっていますね。この勢いのまま、入試直前に過去問演習を積み重ねたことがS合格につながったのだと思います。S合格のMさん。親孝行ですよね。育英高校を学力で引っ張ってゆく人材になることでしょう。3年後の大学入試が楽しみです。
これだけの力があるのに何故、前女や高女を目指さなかったのか。その質問には「本人が行きたい高校を目指すのが一番良いこと」と答えています。苦しい受験勉強に耐えられるのは、夢があるからです。夢の実現のためには受験生はどんな困難も乗り越える力を持っています。「育英は前女ではない」。育英で実現できることで、前女では実現できないことが沢山あるのです。

生活習慣病と学習習慣

生活習慣を変えない限り、生活習慣病は治らない。間違った生活習慣が不健康の原因なのに、生活習慣の方は全く変えずに薬で健康な体を取り戻したいという考えは間違っている。薬を飲む前に、まずは生活習慣を変えるべきなのだ。食事や運動、そして睡眠。規則正しい生活。まずはこれらを実行することが優先されるべきだ。

しかし現代人は、薬やサプリ、栄養ドリンクなどを利用して、弱った体を「一時的」にフル回転させ、目の前のことを間に合わせようとする。あたかも、機械に油を注したり、燃料を補給するかのようにして。自然治癒力など待っていられない、とでも言わんばかりに。体が持っている回復力のことなど忘れてしまっているのか。

勉強も同じ。習慣化している人としていない人とでは、その結果は雲泥の差となって現れる。勉強の妨げになるものが溢れている現代の生活。妨害物を蹴散らして机に向かうのはた易いことではない。こと勉強に関しては、栄養ドリンクのように一時的にせよやる気を起こしてくれるような「物質」や「テクニック」もない。つまり、あるのは「習慣」だけ。
だから、勉強イコール習慣なのだ。習慣がへたっている人が勉強できるわけがない。

生活習慣病の治療のひとつとして、断食道場がある。荒治療と言えるかもしれないが。逃げ場のないところに自分を追い込み、人の力を借りて、生活習慣を変えることができる方法。苦しいが、乗り越えた人は目に見える結果を手に入れることができる。

齊藤塾のような長時間学習の自立型学習塾。入塾することで習慣を変えるきっかけになる。学習のための時間と場所を設定してある所に飛び込む。「荒治療」とまでは行かないが、今までの生活を断ち切る覚悟が要る。勉強以外の「何か」をいくつか捨てる覚悟も要る。

やりたい事を優先する「こども」からやるべき事を優先する「おとな」への脱皮ができる。

今日、初通塾の生徒も長時間学習で自分と戦って行った。脱皮が始まっている。

塾生達の合格体験記を読むと、齊藤塾への入塾が学習習慣を変えるきっかけになっていたことがよくわかる。

思想の書物

『読書術』(エミール・ファゲ著)に次の一節があった。

「思想の書物の読み方は次のようであると私には思われる。
それは、比較と不断の対照との方法である。物質的に言えば人は思想書を読むのに、ページを右から左へ翻すのと同時に左から右へと翻すのである。というのは、読みつづけながら既に読んだところへと立戻るのである。思想の人とは、他の何者にもまして同時に一切を言うことのできぬ、先に進みながら自らを補い納得し、それを全部読んだ時に初めて自分のものとする人である。それだから、自分を補い納得するにつれて、今日読んでいるところを理解するために、昨日読んだところを、昨日読んだところをよりよく理解するために今日読んでいるところを、考慮に入れなければならぬ。」



こういう読書が好きだ。

思想の書物を、一遍読んだだけで完璧に理解してしまう人は稀だ。ある思想家が深い思索の末に、苦しみ抜いて到達したであろう思想を何とかして読者に伝えようと、これまた苦しみ抜いて書いた書物。これには、その深い思索に敬意を払いながら、そしてその思想に触れて、少しでも思想家の域に近づける幸せを感じながら読むのが礼儀というもの。

適当に読んで「ああ分かった」とか、読み飛ばして「なあんだ、これって〇〇と同じことだよね」のような軽い読み方はそもそも著者に対して失礼だし、無意味だ。

分かっていないのに、分かったつもりになったり、分かったふりをすることは、無知を素直に認めることに比べてあまりにも罪深い。勉強も同じ。無知の知。敬意と感謝。

自戒をこめて。

極めた人の言葉

昨日の『報道ステーション』。

イチロー選手のインタビューは興味深かった。

イチロー選手が、春先は調子が上がらず、5月頃から次第に調子良くなってくることが多かった理由。
それは、キャンプで筋肉をつけすぎて、春先は体のキレが悪かったからだ、と。

5月頃になると、ウエイトトレーニングをやっていられなくなり、筋肉が減り、その分体のキレが良くなって調子が出て来た、と。

だから、筋肉のつけすぎは絶対に良くない。しかし、このことに気づくまでには7~8年はかかった、と。やはり、自分で体験しないと、本当に分かるようにはならない、と。
筋肉だけつけても、関節や腱はそのままだから、どうしても無理が生じる、とも。

なるほど。考えてみれば当たり前のこと。
多分、プロに限らず、野球のコーチや監督ならば多くの人が同意するかと思う。

「当たり前のこと」として知っていることかもしれない。


さらに、

ライトから3塁へ矢のような投球で走者の進塁を阻止するあのレーザービーム投球について。
球に逆回転(スライス回転)を意識してかけている、と。

なるほど。スライス回転をかければ、ボールはなかなか落ちない。でも、これって球技をしている人なら誰でも知っていることだろう。ホームランバッターはボールの少し下を打つ。スライス回転をかけるためだ。ピッチャーの投げるストレートも同じ。テニスのスライスしかり。

球技をする人なら「当たり前のこと」として、コーチのみならず、大半の選手が知っていること。

さらに、バッティング。

ボールを打つ時には、バットは一番最後に出るようにする。体が先でバーッとは一番後だ、と。

これも、コーチ達が口を酸っぱくして繰り返し選手に言っていることだろう。野球に限らない、テニスでも同じ。道具でボールを打つ競技なら皆同じだろう。誰でも知っていること。

「当たり前のこと」として皆が知っていること。

知っていることと、実行することとの余りにも大きな差よ。

イチロー選手は今42歳だという。
大リーグの記録を次々と塗り替えてきた。

そのイチロー選手の言葉の中に「特別なこと」など一つもなかった。
そのことが却って新鮮だった。そして、だからこそ、その言葉に重みがあった。

それを、いかにも楽しそうにキラキラした目で語るイチロー選手。
42歳にして「野球少年」の目をしていた。

学校の授業を大切にしよう!

中学受験、高校受験、大学受験。

いずれの受験でも、学校の授業を大切にしている人が合格しています。学校の授業を軽く見たり、馬鹿にしたり、なめてかかったりしている人は、例外なく痛い目に合っています。教科書をもとにした学校の授業。これが中心軸として揺るぎないものとなっている人は、塾の実戦的な指導を容易に理解し、自分のものとすることが可能です。参考書の記述や模試の解答を読んでも、十分に理解できます。

例えば中学受験。

齊藤塾からは過去に中央中等に6名、佐久長聖中に6名の合格者を出しています。

指導のスタート時点では、教科書の徹底理解に時間をかけます。小学校の内容と言えども、完璧に自分のものにできる人は多くはないのです。だから、徹底理解を達成した段階で、すでに頭ひとつ出ているのです。考えなくても手が動くくらいに、反復し徹底理解を目指すこと。これしかありません。その上に、適性検査対策、作文対策、入試テクニックがのってくるのです。何といっても土台が大切。こういう当たり前のことが理解できる受験生やその保護者の方は、それだけで受験に対する正しい心構えができていることになります。一方、教科書レベルのことはサラッと流して、受験テクニックで鍛え上げるのが正しいやり方だと考える人達は、大きな遠回りをすることになります。

受験で最も大切なこと。それは、あまりにも当たり前のことを、「真面目に実行する」ということ。齊藤塾だって塾です。塾生募集に際して「齊藤塾メソッド3段階〇〇方式。中央中等合格にはたった3つのことを実行するだけでよい。それは・・・」とか「たった3か月で合格レベルまで引き上げる合格請負人、齊藤塾」などとアピールすれば、問い合わせてくれる人が増えるのは知っています。でも、そういう広告でなびく人はそれなりです。そういう親子にはそういう塾がふさわしい。私が出会いたいのは、そういう人達ではない。

勉強は魔術ではない。塾長は魔術師ではない。当たり前のことを、当たり前に実行できる人。その当たり前のことを「確実に実行する場」として齊藤塾を選んでくれる人。そういう人と出会いたいのです。教科書レベルのことを完全に身につけるには反復が必要。それにはどうしても時間がかかる。エネルギーも要る。合格を手にするまでには、浮き沈みが必ずある。何回か絶望する。受験とはそういうもの。時間とエネルギーを使って弱い自分と対峙する。その繰り返を通し、苦しみ抜いた最後に強い自分を手に入れる。受験を通して強くなる。受験とはそういうもの。近道は絶対にない。絶対に。




齊藤塾からは毎年、県内トップ高校にも合格者を出しています。(詳しくはHPの実績ページをご覧ください。)高校受験についても上記と同じことが言えます。大学受験でも同じ。

高校受験についても書こうと思ったのですが、ちょっと熱くなりすぎたかもしれませんので、今日はこのへんで終わりにします。続きはまた後で。

高校入試結果

本日、公立高校後期入試の合格発表日でした。

これで、齊藤塾塾生の進学先が決まりましたので、掲載いたします。

数字は合格実績ではなくて、進学実績ということになります。前期入試合格者も含みます。私立高校については、公立高校の結果が残念だった1名は併願校に進学、他の塾生は単願受験でした。

2016年 齊藤塾高校進学実績

前橋高校      1名
高崎女子高校   2名
高経大附属(普)  1名
渋川高校      3名
渋川女子高校   1名
前橋育英(S合格) 1名
東京農大二高   1名
足利工業大附属  1名

2016年 齊藤塾中学進学実績

中央中等教育学校 2名

皆毎日の努力の積み重ねで強くなりました。
受験がなければ、こんなにも頑張れなかったはずです。
努力とは継続のこと、継続とは今日もそれをすること。

日々努力で偏差値を上げること。
偏差値はウソをつきません。
それが、全てです。
学力をつければ間違いなく結果は出ます。
今年の受験生を見ていて、このことを再確認しました。

受験をきっかけにして、精進することを覚える。
受験勉強を通して、自分の弱さを知る。自分の強さも知る。
受験があったからこんなに強くなれたのです。強くなれば結果は自ずとついてきます。

どの学校に進学した人にも、次の試練が待っています。

結果も大切ですが、努力を積み重ねることで得た「手ごたえと自信」が自分の宝。
日々の積み重ねでしか、この宝は得られません。

本日、残念な結果となった1名も、この宝は確実に自分のものにしています。
併願校へと堂々と進学していって欲しいと思います。
今日の悔しさを忘れなければ、大学受験での逆転は十分に可能です。




さて、齊藤塾の新年度募集枠はほんの少しです。
今年の中3生は11名だけでした。
例年、1学年の定員は10名程度としています。
定員になり次第締め切ります。

国立大学前期日程結果

本日、1名入塾が決まりました。
覚悟の入塾に身が引き締まります。
各学年とも、定員になり次第締め切ります。



さて、

国立大学の前期日程入試の結果が判明したようです。

群馬県内の高校の合格者数(判明分)を比較してみます。


東京大学

高崎高校 13名(うち理Ⅲ1名)
前橋高校  8名
中央中等  7名
前橋女子  3名
太田高校  2名
高崎女子  1名
桐生高校  1名

(参考:佐久長聖 1名)

高崎高校が強かったようです。理Ⅲにもまた受かっています。
東大合格者の比率からいったら、中央中等が光っていますね。
各学校の入試時点での倍率がそのまま大学入試結果にも反映されているようです。
桐高から、また1名合格していますね。


京都大学

前橋高校 5名(うち医学部医学科1名)
高崎高校 5名
中央中等 2名
前橋女子 1名
太田高校 1名
樹徳高校 1名


北海道大学

高崎高校 7名
前橋高校 4名
高崎女子 3名
前橋女子 2名
桐生高校 2名
高経大附 2名

今年も高経大附から北大に合格していますね。


東北大学

高崎高校 27名(うち医学部医学科1名)
前橋高校 15名(うち医学部医学科1名)
太田高校 14名
中央中等 6名
前橋女子 4名
太田女子 2名
渋川高校 2名

ここで、渋高登場です。


名古屋大学

太田高校 3名(うち医学部医学科1名)
高崎高校 2名


大阪大学

高崎高校 3名
前橋高校 2名


東京工業大学

高崎高校 2名
前橋高校 1名
太田高校 1名
中央中等 1名


一橋大学

前橋高校 2名
中央中等 2名
太田高校 1名


筑波大学 

太田女子 8名
前橋女子 6名
高崎高校 5名
高崎女子 5名
桐生高校 5名
前橋高校 3名
中央中等 3名


東京外国語大学

前橋女子 6名
高崎高校 2名
四ツ葉学園 2名

四ツ葉学園の登場です!今年も外語大に合格しています。


横浜国立大学

高崎高校 7名
太田高校 6名
前橋高校 4名
中央中等 3名
四ツ葉学園 2名

まだ、前期の結果だけですが。
有名国立大学に入学したい人が、県内でどのレベルの学校を目指すべきかは明白ですね。
後期試験合格発表後にまた掲載します。







お経

今日は法事のため、塾の方はお休み。

お寺で和尚さんがお経をあげてくれた。

お経は音読で唱える。
大きな声で唱える。
毎日唱える。

ある速さ以上では、音読というものは不可能。

声を合わせて唱和する。
自分の声と周りの声が耳から入り共鳴し、体に浸み込む。

そう、体の底の底の方までに落とし込む。


毎日のお経。

昨日も今日も、そして明日も。当たり前のこととして。

その人の常識というか、その人そのものになり落ち着く。

それでも、また唱える。
「普通のこと」として。

「習慣」という言葉ではまだ軽い。
「生活」・・・ん?  まだまだ。
「生きることそのもの」 そんな感じ。

大切なことは、当然のこととして受け継いでゆく。
大切なことだから、世代を超えて数百年受け継がれてきた。
決して変わらないものの重み。

頻繁に会うこと

今日も期末テスト学年1位の報告を受けました。
3学期期末テストの集計結果の発表が始まったようです。今のところ、齊藤塾では中1生で学年1位の塾生が2名となっています。さて何名まで伸びるか。前回を抜いて欲しいと思います。

ある英語の大家が「英単語を暗記するコツは頻繁に会うこと」だと述べています。「会う」とは面白い表現ですね。反復の重要性を述べたのでしょうか。或いは多読すれば、自ずと「会う」機会は増えると言いたかったのかもしれません。意図的に会うか、会いそうな場面を増やしてゆくか。

例によって、大家の勧める学習法の「あたりまえ度」の高さよ。
目新しいことなど少しもない。
結局「やるかやらないかにかかっている」といういつもの結論。
逆に言うと「ついに完成!〇〇新学習法」などは大したことないのかもしれませんよね。



「とりあえず少しやってみて、自分に合う方法だったら継続しよう」

私はこういう考えは嫌いです。
勉強に「とりあえず」などという気合い不足のスタートはあり得ません。
最低でも半年くらいは、騙されたと思ってガムシャラにやる。
指導者を勝手に信じてついてゆく。それしかありません。


「様子を見ながら」などもあり得ない。

「お試し入塾」もよくない!
(我ながら変な塾長ですね。)

いつでも元の生活に戻れるような、腰が引けた姿勢でのスタートでは何も得られないのです。

だから、塾って「飛び込む」ものなのです。

退路を断って、つらく厳しい生活へと飛び込もう。



さて、

齊藤塾では今日から新高1生対象の高校準備講座を始めました。
後期試験が終わったばかりなのに。
いやいや、大学入試を見据えたときには、今日から始めても中高一貫校の生徒達からはだいぶ遅れているのですよ。
次の忙しい日々がもう始まっています。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント