FC2ブログ

「習慣力」恐るべし

今日は農大二高、明日は前橋育英、そしてセンター試験も近い。

この時期にダイエット話も如何かと思いますが。
気になる話題があったので。

ダイエット成功者は数値目標を明確にし、日々の体重をこまめにチェックし記録し、周りの人に協力してもらい、食べたい気持ちを我慢している。

ある記事にはそんな風に書いてありました。

本当にこれで成功したのでしょうか。甚だ疑問です。

私が思うに、これではリバウンド必至だと思います。

その理由は簡単。

「苦しいダイエット」だからです。

目標を設定し、日々の進捗をチェックし、周りの人の協力を得て、我慢する。
これって、ほとんと受験勉強と同じですよねえ。

受験勉強は3月になれば終わります。期限つきだから我慢が続くのです。
4月からの新生活を夢見るから今頑張れるのです。

ダイエットはこれと同じではありません。

何故なら、食生活や運動は習慣化すべきことだからです。
受験勉強は人生でごく稀に訪れる特殊な時期での集中学習行為です。
一生続くことではありません。
今、脇目も振らずにやるべきです。

入学試験に成功すれば後戻りはありません。
入学後に不勉強になったからと言って、受験生に逆戻りはしないのです。

しかし、ダイエットは違います。

苦しいダイエットの成功後にも毎日食事はするのです。
脳は苦しくて我慢していたという記憶をずっと保持しています。
脳内の飢餓感は以前よりも増しているかもしれません。
苦しいダイエットの飢餓感を修復すべく、心が満腹感を得たがるのは当然の結果なのです。

どこで間違ったか。

苦しいことを我慢してやったということ。
無理をしたということ。

受験は成功すれば、後から受験生に引き戻されることはありません。
無理したダイエットは一時期に成功しても(だからかえって)急速にリバウンドします。

「習慣化」しなければダメなんです。

習慣化のステップについてはこのブログで何度も書きました。

ハードルを下げて、今日もそれをすること。
全く苦しくはないが、ちょっと面倒くさい。そんな感じ。
でも習慣化してくると、それが当たり前になるので苦しくないし、やらないとなんだか「気持ち悪い」。
そんな感じです。
今の状態が「普通の自分」ですから元に戻るはずがありません。

理想を言えば、学習も習慣化して欲しい。
その話はまた後で。

私のダイエットも習慣の領域に入りました。
常に65kg前後で推移しています。
高校卒業時の体重に近いですね。
(ただ、筋肉がありません。今後の課題です。告白しておきます。)



さて、

前橋育英高校受験生頑張れ!
健大高崎高校受験生頑張れ!
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント