FC2ブログ

神様は見ている

私自身、平均的な日本人の宗教観しか持ち合わせていないと思っています。
居間には仏壇と神棚が並んでいる、という全く普通の家に育ちました。
今でも、普段は宗教的な行為はほとんどやっていません。

困った時だけ神様にお願いする、というような勝手な振る舞いはするかな。
それと年中行事くらい。



しかし、

私は時々、神様の存在を感じるようなことがあります。

それを、神と呼ぼうが超越者と呼ぼうが、或いは宇宙の摂理と呼ぼうが自由ですが。
何かが見ていてくれるような感じです。

感じるというのは、確信とまでは行かないが何かそのちょっとその手前のような感じ。

一言でいえば、ギリギリ頑張った時にはまず間違いなく見ていてくれて良い結果をもたらしてくれるという存在です。ギリギリ頑張ったのは自分なのだから、自分自身が「勝ち取った」と言えばよいのでしょうが、そういうのとは全く違うのです。自分自身の力だけではどうにもならないようなこと。その部分で、神様が上の方から何かを「もたらして」くれる。そんな感じです。

ただ、本当にギリギリまで頑張らないとこの神様は微笑んではくれません。頑張らない人には上から何かをもたらしてはくれないのです。ちょっとでも不純な気持ちがあっても、それも見抜かれてしまいます。純粋な気持ちで心の底からギリギリ頑張った時だけ助けてくれるのです。私自身の力ではどうすることもできないところを、ほんのちょっとだけ引きあげてくれる、そんな感じ。

この神様。

弱いけれども必死にギリギリ頑張っている人が特に好きなようです。
もともと強い人には興味ないようです。
自分の弱さと向き合って、背中に恐怖を感じながらも、もだえながら必死に頑張っているような人が好きなようなのです。

受験生の多くは今、自分の弱さと戦っているかと思います。
大丈夫です!
弱いけれども泣きながら必死に苦しみに耐えている人。
そんな人はこの神様がしっかりと見ていてくれるのですから。
ギリギリ頑張った人には最後の1ミリの部分はしっかりと神様が引き上げてくれますよ。
だから、今頑張っている人は、1ミリ足りなくて失敗するということは決してありません。
だから、大丈夫なんです。

え?

私自身が「弱い自分と必死に戦っている人」かどうかですって?

そんなこと、答えられません。




塾の方は朝から通常でした。
1月2日は、もう普通の日なんですね。

時代は変わりました。





プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント