FC2ブログ

「楽しく無理なく学力をつける方法」

楽しく無理なく学力をつける方法。

そんなものはない。

苦しい思いをせずに、筋肉をつける方法がないのと同じ。
筋肉は一度壊されて、再生するときに以前のものよりも強くなる。
だからトレーニングは苦しい。
苦しいという事実。
それは筋肉が確実についている証拠になっている。

勉強も全く同じ。
新しい技能を身につけようとすれば、今までの自分のスキルでは通用しない。
また、今まで知らなかったことを理解しようとすれば、それまでの知識では太刀打ちできない。
出来なかった技能を身につける。
知らなかった概念を理解する。
それらに対して最初は「分からない」という拒否反応、拒絶反応が表れるのは不思議ではない。
好奇心で突き進めるのは小学校低学年までだろう。

勉強していて苦しかったら、その方向性が正しいということの証だ。
ラクだったり、面白おかしかったりする場合にはその方向性を疑った方がよい。
ノート整理のような「作業」に逃げるな、と強調しておきたい。(まずは部屋の掃除から、などは論外。)

もっとも、正しい勉強は「苦しい」と「面倒くさい」の中間くらいだ、と私は認識しているのだが。

「楽して無理なく力をつける」
「誰でも、苦しまずにたった3か月間で〇〇できるようになる」

全てまやかしだ。

「苦しいけれども、乗り越えた人は力がつく」
こういう言い方をしている人が本物。
このような表現はチラシやネット広告ではあまり見かけない。齊藤塾のチラシやHPくらいだろうか。

偽物を見分けるのは簡単だ。
偽物キーワードは「楽して」「たった3か月で」「誰でも」などなど。



さて、今日も単元テスト対策中心でした。
高校生は中間テスト対策。



プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント