FC2ブログ

「その本読んだよ」



一時ほどの速読ブームではないのだろうか。
塾用教材の案内に。、速読コースのお勧めが入らなくなった。

読書には様々な方法がある。

「その本、読んだよ」

と、ある人が言ったとしても、その意味は様々だ。
途中まで読んで投げ出した人。
一度だけ読んで、放り出した人。
数回読んで、読むたびに新しい発見をする人。

そして、読みながら考え、考えながら読むからなかなかページが進まない人。

個人的には最後の人の読み方が好きだ。

そもそも本というものは、その著者にしか言えないであろうことを、勇気を持って世に問うているものだ。
今までに発表された書物と同じ内容のはずがない。
同じ内容だったら、出版する意味がないから。

だから、書物はいつも新鮮で分かりずらい。
一読しただけで「誰にでもグングン分かる」というような書物が多いはずがないのだ。

そんな訳で、書物を読むという行為は時に苦しく、時に退屈で、時々新鮮な感動を伴う。

秋は読んでは考え、考えては読むという読書に最適な季節だ。


さて、今日も遠方からの通塾生や中高一貫生の通塾生が多かったですね。
長時間学習の塾生は日曜の恒例になりました。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント