FC2ブログ

少年兵



昭和20年。

敗色濃厚となった日本は多くの志願兵を受け入れた。

当時の岩島村矢倉(現在の東吾妻町矢倉)から一人の少年が志願した。
農家の五男。
既に戦死していた兄もいた。

が、

親たちも家を継がせる気もなく、本人にもまったくその気持ちはなかった。

「こんな家は早く出たい」

それが最大の理由だった。
勿論「お国のため」という気持ちもあったが、それが人並み以上ということはなかった。

今なら中学2年生。
少年兵の誕生だ。

横須賀での訓練は軍という組織からの「洗礼」の連続だった。

「奥歯を食いしばれ!」の命令の直後にはビンタが飛んだ。
命令に従う。それしかなかった。
帽子を被って整列。
しかし、人数分の帽子などなかった。
帽子のない者は命令違反。即ビンタ。

僅か70年前の日本。

昭和20年。
本土はたびたび空襲にあった。
横須賀基地も同じ。

迎撃に向かったゼロ戦は、敵機近くにたどり着くなり火だるまになって落ちてきた。

防空壕に入る。

今日の空襲警報はやけに長いなあ、と隣の兵士と会話した。
その直後、彼の体はガクンと前に倒れ込んだ。
頭部からどくどくと血が噴き出した。

板を渡しただけの防空壕に何の意味があるのか。
機関銃の弾なら楽々貫通する。

機関銃の弾があと20センチずれていたら・・・。

今、矢倉に塾などない。



さて、『花燃ゆ』でも視ますか。
一人一人、濃い人生だなあと感心しますね。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント