FC2ブログ

「お金のかからないダイエット」



「お金のかからないダイエット」

こんなタイトルの広告があったら、興味を持つ人も少なくないでしょう。

そんな方法があったらいいなあ、私なんてあんなにお金をかけていろいろ試したのに結局どれも続かなかった。
と、今までのダイエットにかけた費用を合算して嘆いている人も多いかと思います。

でもね、

ちょっと冷静に考えてみたいのです。

普通、ダイエットにはお金はかかりません。
(あっ!、これはブログですので、下まで読んでいるうちにいつの間にか「購入する」ボタンをクリックしてしまう心配はありません。ご安心を。念のため。)

だって、ダイエットって食べないことを「する」のですよね。
つまり、今までやってきた「食べる」という行為を減らすのです。
何かを始めるのではなく、縮小するのです。

肥るためにはお金はかかります。
「食費」というお金が。

でも、

食べ「ない」という行為は、行為自体をやらないのですから、むしろお金はかからないのです。
ちなみに、自由に使える時間は増えます。

本来、お金がかからないものに対して、敢えて「お金のかからない」という修飾語がつくこと自体が変なことなのです。

だって、食欲を抑えるのってそんなに簡単じゃあないでしょう。
だから、お金をかけてもそれを抑えて・・・。出来れば楽して。

そんな声が聞こえてきます。

その発想自体が間違っているのです。

「楽して」に潜む罠です。

何度も言うようにダイエットは全く苦しくありません。
ただ問題は、短期間に、さらに楽してという無理はできないということ。
つまり、そこそこの時間は必要だということです。
だって、体質自体を変えるのですよ。
生活習慣といっても良い。

「短期間に楽して」の部分には多くのビジネスチャンスがありそうですが、私の興味あるところではありません。

2か月半で5kgのダイエット。
この全く苦しくないダイエットを実践してきました。
(その前の私の怠惰な生活には触れません。)
これだってそこそこ短期間だと思うのです。でも、無理をしていないから苦しくない。
つまり、ゆっくりやることで「体がついてくる」のです。
体を「騙せる」。体の方が適応してくれる。

これは勉強にも通ずることです。
というか、ほとんど同じことです。
ゆっくりと継続すれば「必ず」成功します。でも、大半の人は継続ができない。
皆焦って失敗する。

だから、ダイエットに成功する人は、人に勉強を教える資格があると考えます。


お金のかからないダイエットは日本のGDPにはほとんど貢献しません。
この問題についてもいつか書きたいと思っています。


食べたいだけ肉を食べて、トクホを飲んで、車でスポーツクラブに通えばGDPに貢献します。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント