FC2ブログ

叱咤激励

>「もっと頑張りなさい」と保護者が子どもを叱って励ましても、自立した生活を営む力は向上しない――。そんな結果を国立青少年教育振興機構が1日に発表した。

今日、こんな記事を目にした。

「叱っても励ましても、子供は自立しない」
この記事を私はこんな風に理解した。

意外に思った方も多いかと思う。
じゃあ、どうしたら良いのだ、とおっしゃりたい方も多いでしょう。

この事実は私にとっては、あまりにも当たり前のこと。
以前から再三ここで書いている通り。

厳しい言い方を敢えてするが、叱るとか励ますとかいう行為も、忍耐強く子供と接することの放棄なのだ。忍耐強く叱り続ける? 忍耐強く励まし続ける?

どうだろう。私にとっては、子供の成長を見守れない大人が、子供に「心の成長ホルモン」でも注入しているようなイメージを持ってしまう。一人の人間が自立するって、そんなに簡単なことではないはずだ。

叱ることも愛情。褒めることも愛情、励ますことも愛情。それはそうかもしれない。でも、それらを当の子供の方がどう受け止めているかは未知数だ。

「心の成長ホルモン」を注入することには即効性はあるかもしれない。(もしかしたら、だが。)しかし、それは子供が傷ついていたり、自信を失っていたりするときの対症療法でしかない気がする。
教育は自立を目的としている。
「自立」を目的としている行為においては、傷を癒したら終わり、では済まされない。



連休中。

アクセス数も減ってくるので、いつも以上の本音を書いてみた。

(「じゃあ、どうしたら良いのだ」については何度も書いてきた。)


プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

【遠方の方も吾妻線を利用して、土日、祝日中心に通っている塾です。長時間の個別演習形式で鍛えて結果を出しています。お気軽にお問い合わせください。】

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント