FC2ブログ

ヘトヘト、キラキラ

「齊藤塾から帰ってくるととても疲れている様子でした。でも目がキラキラしていました」
「齊藤塾での学習が終わるとヘトヘトだったようです。でも目が輝いていました」
「齊藤塾での勉強は大変だけれども充実している、と息子が言っています」

最近入塾した塾生の保護者の方からほぼ同様の感想を頂きました。

これらの感想が齊藤塾の全てを語ってくれているといっても良いでしょう。

私の期待通りの感想です。そういう塾なんですよ。

一部に「楽しかった」という感想も。勉強が分かって楽しかった、という意味。



「この説明は塾で何度もやったよ。どうして覚えていないのよ」

こんな言葉を発する塾長がいたとしたら、自ら敗北宣言しているようなものです。



今月27日(月)にもう一人入塾します。これでひと区切りですね。



計算や作業はPCや機械にやらせて、人間はもっと高度な発想を担うべきだ。人間は人間にしかできない思考の部分に特化すべきだ。

このようなことがよく言われます。このような考えは危険です。手も動かさず、体も動かしたことのない人が脳みそだけフル回転するなどということはあり得ません。人間は手を使うことで脳を発達させて来ました。脳だけをフルに使うなどということはやった事がないのです。

子供は体全体を使って行動することで脳も発達すると考えます。手を動かしている時には、脳はフル回転しています。

PCを使った教材がこれほど進化しているのに、なかなか思うように学力向上に寄与していないように思えるのはこんなところに原因があるのでしょう。

映像を見せることでイメージする必要がなくなります。
「思いめぐらせる」チャンスを奪っているともいえるのです。
頼り過ぎは危険です。

活字を読んで思いめぐらせるときの脳の働きは全ての学習につながっていると思っています。

以上、私の勝手な学習論でした。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント