FC2ブログ

大前提としての塾

塾に通うことが「大前提」となって久しい。

大前提だから、塾に通うか通わないかという部分での選択はない。
どの塾に通うべきかの選択から始まる。

そういう風潮自体についての違和感も話題になることはなくなった。
受験勉強についても、詰め込みだから無意味だと批判する人も消えた。
「過度の」塾通いによって子供から子供らしさが消えた、などという批判も久しく耳にしない。

受験勉強をやりすぎて友達が皆ライバルにしか見えない子供は心が荒んでいる、なとと言う人もいない。

せめて夕食くらいは家族みんなで食べるべきなのに、塾通いがあるから家族ばらばらに食事せねばならない、というような批判も聞かれない。

それどころか、最近では、

貧困のために「塾にも通えない」子供のために、自治体が無料塾を開講したりしている。政府も「自治体塾」を推し進めようとしている。

塾通いが前提の日本の教育は、ダブルスクールと呼ばれたことがあると記憶している。

「学校があるのに何故」
「学校だけで足りないのは誰が悪いのか」

などの言われ方もされなくなった。

あまりにも当たり前になったからだろう。

少子化に歯止めがかからす、塾業界自体には冬の時代がやってきていると言われている。
それでも、我々の仲間の個人塾も皆一定数の塾生を抱え保護者の期待に応え続けている。

塾で教えてもらわないと勉強でない子ばかりになったということは、子供達の学習する能力が衰えたからだ。
そんな言い方も可能だろう。

しかし、その考えには違和感を感じる。

自分で長年塾をやってきて思うのだが、はやり塾でキチンと教えてもらわないと学習は身につかない。塾などなかった昔の子供に比べてどうだ、という問題についは分からない。言えることは、少なくとも今は塾で学習しない子は骨太の学力がつかないということ。そもそも塾は、学校とは似て非なるもの。比較すること自体にあまり意味はない。

部活もあれば習い事もある。それに加えて学習塾に通う。

子供達は多忙だ。しかし、それが「普通のこと」になってきている。この事実を評価すること自体にも意味はないのかもしれない。

さて、

今日も遠方から見学にいらしたご家族がありました。
ご本人もご両親も入塾に前向きかと思いました。(まだ、入塾が決まったわけではありません。)
土日、祝日中心の通塾になるかと思いますが、それでも入塾に前向きな姿勢を感じました。
期待の大きさに身の引き締まる思いです。

齊藤塾は自立型学習塾ですが、今後個別に教える部分をさらに増やすつもりです。当然のことながら、定員はさらに少なくなります。

「分かる」部分を増やすことで勉強の見通しが良くなり、モチベーションも上がりますね。

入塾基準についても、もう少し上げることも検討中です。出会える生徒が減るとは思いますが、出会った生徒とは濃密な時間を持ちたいと考えています。もとより、私の塾人生で出会える人の数は有限ですし。

これから『花燃ゆ』を視ます。結果が分かっている現代からの視点ではなくて、リアルタイムであの時代を生きている一人としての視点でみたいと思っています。松下村塾の塾生と同じ視点で。





プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント