FC2ブログ

中央中等入試

中央中等教育学校人気は、衰えるどころかますます拍車がかかっているようです。

それもそのはず。最初の3年間は義務教育、次の3年間は県立高校扱い。安い授業料で高度な中高一貫教育を受けられるとあれば、人気が高まるのは当然でしょう。しかも、大学合格実績を見ても、有名大学の合格者の比率から言ったら、前高、高高を凌駕する勢いです。全国でも「成功した公立中高一貫校」として名前があがっているのは当然でしょうね。

建前上、学力試験は行わずに「適性検査のみ課す」ということになっています。しかし、実際は県内各小学校でもトップレベルの児童が受験し、その中から「選ばれて」いるのですから相当レベルの高い学校であることは明らかです。

塾仲間の中でも「あんな試験では差がつかない。合否は運だ」と言う人がいますが、私は決してそうは思いません。中央中等の適性検査は優秀な児童の中から特に優秀な人を選ぶ機能を十分に果たしていると感じています。特に最近の入試傾向を見ると、作文力だけではなくて、理系の思考力を問うている問題が合否を分けているように感じられます。まあ、簡単に言えば理系、文系のバランス良い学力をしっかりチェックしている。そう言えるでしょう。

小学校のテストではほとんど100点を取るような児童は通知表の結果はオールAとなるでょう。そういう児童達の中から5人に1人、本当に力のある児童を選ぶ機能を果たしているのが適正検査です。地頭の強い子を選ぶための「適性検査」であることは疑いの余地はありません。大学入試までの6年間で確実に有名大学に合格させるために鍛えられても十分についてこられるだけの気力、体力、地頭の強さを1回の試験で見抜く必要があるのです。

適性検査はそういう要求に耐えうる試験問題になっている、と私は思っています。決して「運だよ」などとは言えない。選ぶ方も真剣なのです。県内でも注目度の高い学校です。先生方の受けているプレッシャーも相当なものでしょう。特に大学入試結果に対する注目度はとても高い。
だから、6年後の大学入試で結果を見込める児童を真剣に選別しているのです。鍛えれば伸びる児童を見分けているのです。当初は早熟な児童が受かりやすいという噂が立ちましたが、今はそんなことはないでしょうね。早熟なあまり途中で息切れしてしまっては、大学入試で結果を出してくれませんから。

視点はあくまでも大学入試。「学力試験は課さない」という建前がある以上学力試験はできませんが、実質的には近い将来の伸びしろの大きい児童を選別する機能を果たす試験となっています。名前は適性検査ですが、実質的には学力試験の代りを十分に果たしている。

そう考えてくると、中央中等合格のための対策は自ずと見えてきます。

学力をつけること。

6年間の中央中等で鍛えられてもそれに耐えうるだけの基礎学力をつけること。小手先のオシャレな作文力ではなくて、本当の思考力があることをアピールできる記述力(実際は小論文の力)をつけることです。さらに、理系の応用力。高校入試での総合問題に匹敵するような発想の問題に対応できるだけの柔軟な思考力。

どう考えても簡単ではありませんね。

でも、「お試し受験」も多いのがこの学校の特徴です。小6の秋になってから受験を決める児童も少なくないのです。早めに地頭を鍛え、思考力を磨いて準備した人が頭ひとつ出るの当然のことです。今の小学生は習い事やスポーツクラブなどで多忙です。十分に書物を読み、深く考え、発信する力を養う機会が多いとは決して言えません。柔軟に考える理系の思考力。これもそう簡単には身に付きませんよ。旅行や夏休みの作文しか書いたことのない児童が小論文のような説得力ある文章を書けるようになるには計画的なトレーニングが必要なのです。いずれも最初は児童が戸惑うようなトレーニングなのですから。

まずは学校で習っている学習内容を完璧に身につけること。これはスタートラインに立つ者の礼儀です。オールAの成績がまずは出願条件といってもよいでしょうね。その上で、上記のようなトレーニングを時間をかけて行う必要があるのです。

齊藤塾には4人連続で中央中等に合格した、という記録があります。これはちょっと自慢できますね。(佐久長聖中は6人合格です。こっちも自慢させてください。)

当たり前のことですが、塾生が受けてくれなければ合格実績にはならないわけでして、受験生には感謝ですね。



どうも中央中等には県内でも指導力に定評のある先生方が集まってきているようです。ますます人気が高まること必至です。

先行逃げ切り

今年の中3塾生に対しては、先行逃げ切り戦略で指導します。

つまり、例年以上に最初から飛ばす!

苦手科目を早めに潰して自信をつけさせて、戦う見通しを立てさせる。
視界を良くして受験勉強全体を俯瞰できるようにする。

去年までは部活が一段落するまでは、あまり飛ばしても可愛そうかと思って自重していましたが、今年は容赦なくやりますよ。焦っているわけではありません。早めに見通しを立てる方が、指導の流れが良くなり歯車の回転が速くなるからです。

級数的なる学力の向上を目指すとでも言いましょうか。
反復も一定レベル以上になると神の領域になることを知っていますので。
遠慮しません。

極端な先取りはしませんが必要に応じて未習事項も教えてしまいます。それに耐えうる塾生達ですし。

で、何を言いたいのか。
中3生で入塾希望の方はできるだけお早目に、ということです。
何てことはない、コマーシャルでした。

今日も中3生通塾確認のお電話を頂きました。
有難うございます。

さて、

今日も実力テスト対策中心の指導でした。

小4~中3まで実力テスト週間でしたね。

休み明けには実力テスト、という流れは今後も続くでしょう。齊藤塾では実力テスト対策をよい復習の機会と捉えて対応しています。

桜が満開です。

教室内にも桜を咲かせてみました。

暗算禁止

数学でミスするのはほとんどが無意味な暗算をしたケースです。

暗算といえば聞こえは良いのですが、まあ私に追わせれば「ものぐさ」です。

楽をしようとして、かえって答えが出ない。
最初から途中の式をきちんと書いてやればとっくに答えが出ているのに、暗算の検算まで暗算でやっているからなかなかミスに気づかない。

中1の正負の数で躓く生徒の大半はこれ。数字が簡単だから余計に甘くみるのでしょうが。

高校生も同じ。無意味な暗算をやってしまう生徒は取り返しのつかないミスをする。その癖がなかなか抜けない生徒は模試でも結果が出ない。そして、自信を無くす。無意味な暗算は癖なのだろうか。

できる生徒はキチンと途中の式を必要最小限に書いて正解を導き出す。解答用紙にキチンと途中の式が書いてあってそれが綺麗なのだ。書いたり消したりが少ないから綺麗。無駄もない。無意味な暗算をやって遠回りなんかしない。




さて、新学期が始まりましたが、明日は実力テストの集中日。ほぼ全員の塾生がテスト対策に追われました。春休みの学習成果が出ることを信じています。

今日も入塾のお電話を頂きました。有難うございます。覚悟の入塾。私も全力で期待に応えます。

また、授業見学ご希望のお電話も頂きました。有難うございます。

皆さんのご期待に応えられるよう、さらに精進致します。

思いめぐらす

思いめぐらすという行為は、多分人間しかやらない。

思いめぐらすという行為は、独りでやるものだ。

皆で協力して思いめぐらす、などというものはない。

思いめぐらすという行為を人は言葉でもってやっている。

日本人は日本語で思いめぐらせている。
貧弱な日本語しか獲得できていない人は、思うことも、めぐらせることも貧弱になる。
つまり、短絡的になる。直線的になる。柔軟性がなくなってくる、と言っても良い。

柔軟に思いをめぐらせている人は、人間らしい生き方をしていると言える。

ワンフレーズに熱狂するのも人間。

私は柔軟に粘り強く考え続け、思いをめぐらせ続ける人に共感を覚える。

人が人らしく成長するには思考トレーニングが必要だ。それには言葉の正しい習得が不可欠だ。それには読むこと、そして書くこと。

読むのは活字。私は紙にインクで印刷された活字でなければいけないと思っている。紙でなくてはダメだ。
保守的と言われようと、古いと言われようと。直感的にそう思う。理詰めでそれを証明するための材料を集める必要などないと思っている。

さて、

今日も複数の小学生が「自習」に来ました。前向きな子供達に満足できる時間と場所を提供できたかと思っている。新学期実力テストの時期ですね。小学生も中学生も、そして高校生も。軒並み実力テスト対策です。
齊藤塾では春休み中には復習に多くの時間を割きました。成果が出てくれるものと信じます。齊藤塾の塾生達が皆実力テストの順位が良いのは復習の充実にあるのですから。理科、社会でも安定的に得点できています。

(中3は突然締切るかもしれません。)

永遠のライバル

東大については、太田高校と中央中等で後期合格者が各1名出たようですね。その他は大きな変動はなかった模様です。前高と高高の東大合格者については変動はないようです。

この50年位の東大合格者を合計しても、前高と高高ではほとんど差がないはずです。前高が7~8人程度多いくらい。ほんと、永遠のライバルですね。

さて、明日から新学期となる学校が多いかと思います。

齊藤塾でも一応一区切りです。

ただ、各学校の予定に合わせた指導をしていますので、もうとっくに新学期になっている学校あり、明日まで春休みの学校ありと様々です。

齊藤塾は自立型学習塾なのですが、実際はプリントで一人一人に個別指導しているようなものです。演習量を増やすために時間が長かったり回数を沢山確保したりしています。都市部にある個別指導塾などで週4回も通塾したら、月謝は高額になりますよね。齊藤塾では学習時間を確保してもらって、ピンポイントで指導しつつ演習量を増やす。必要に応じて指導し、必要量の演習をしてもらう。そんな感じです。入塾すると大量の演習が待っているので、生徒は生活が変わります。だから入塾には覚悟が要るのです。

明日は水芭蕉のその後の写真をアップできるかな。

ある本に、完璧主義は破滅の危険をはらんでいる、とありました。
それはあるでしょうね。
私が思うに、
完璧主義の人って実は感謝が足りない。
完璧主義の人って欲が深い。

そんな気がしています。後で詳しく書きます。

「何度言ったら・・・」

「何度言ったら分かるんだ。もうこれが最後だ。2度と言わないからよく聞け」

そんな言葉を発した人は、自ら敗北宣言しているようなものです。

「何度言ったら」って。

何度も言うから伝わらないんです。

本当に心に響く言葉は1度言われただけで、一生心の中で鳴り続けます。

一方で、

嘘も100回言えば本当になる、と言った独裁者がいます。

こちらも真理をついています。

何度も何度も言われた言葉の本当の意味を、大人になって初めて理解する。

そんなこともあります。



教育者は人の心を動かす言葉をもっている。

真理でしょう。たぶん。

語らなくても伝わるものを持っている。

これも真理。



さて、

今日も1人入塾頂きました。

「決心できた」とのこと。

身震いします。本気と本気のぶつかり合いでしか感動は生まれません。
本気になった生徒を祝福しましょう。
私も期待に応えるべく全力で指導に当たります。

決心。

もう後戻りできないと感じる瞬間ってありますね。
「ああ、自分はたった今人生の大きな曲がり角をまがった。もう後戻りはできない」と何故か感じる瞬間。
私も何度かありました。
実際には後戻りする、という選択肢は残されているのですが、「後戻りはしないだろうなあ」と思っている自分がいるのです。何かに突き動かされている感じ。決断した、というよりは体がそう動いてしまうという感じ。

不安もあるのだけれど、前に進むしかないという姿勢になっている自分がいる。

やるしかないという気持ちになっている人の目は違います。
そんな緊張感に包まれた塾生との出会いは痺れます。

塾長の私も後戻りできない。やるしかない、という痺れる瞬間を味わっている。

新年度にそんな素敵な出会いが沢山できて幸せです。
真剣で真面目で真っ直ぐ。それしかないでしょう。

「とりあえずしばらく通塾してみてください」みたいな出会いは嫌いです。

初日から全力投球。

やる気さえあれば

「やる気にさえなれば、この子は凄いんです」

そういう人がいます。
じゃあ、いつやる気になるんですか。機が熟したら?
今はその時期じゃあないって。

人間は追い詰められないと力が出ない。

そうかもしれません。
でもね、
追い詰められてからでは「打てる手」が限られて来ます。
病気の治療と同じ。

出来る人は追い詰められないように普段からちゃんとやっています。
何を?
予習復習。反復学習。

例えば、新高1の生徒。

分かっている生徒はもう、ガイドを見ながら教科書を相当進んでいるはず。
入学前の宿題だけやってほっとしている人は既に出遅れています。
高校の勉強は呑気に授業に合わせていてはダメ。

齊藤塾では英数の予習をプリントでかなり進めています。(ちょっとコマーシャル。新高1生の募集はしておりません。念のため。現塾生を育てるだけで手いっぱいです。)

瞬間的な「やる気」なんて全然怖くはありまえせん。
「もうオレは怒った」的なやる気なんて継続しませんから。
瞬間的なやる気は3日も続きません。

「怖い」のは。

習慣的学習。

淡々とした人。黙々とやる人。

習慣として問題集を反復している人。
「いやあ、お恥ずかしい。まだ、この問題集は3回目なんですよう」なんて言いながら「今日もそれをやっている」人。
「マスターしてない問題が沢山残っちゃっていて」なんて嘆きながら今日もやっている人。

恐いのは「努力の天才」。






齊藤塾では「努力の天才」になりたい人だけを募集中。
(満席学年から募集を停止します。)

自信のつけ方

自信をつけるためのテクニック。

自分でやること。

小さなことで良いから、自分でやる。

親にやってもらわない。

つまり、楽をしようとしない。


自分に自信のない若者が多いと聞く。

当たり前だ。

何でも親にやってもらって自信などつくはずはない。

自分でやる小さな冒険。そして、小さな失敗。小さな成功。

そんなことの積み重ねがあって、自分自身が愛おしくなってくる。


恥ずかしい失敗も多い。

でも、自分ってけっこうやるじゃん、と思えることもある。いつもダメとは限らない。



人間は二種類しかいないという。

失敗も成功もする人、と、失敗も成功もしない人。

なるほど。



「我慢」は死語か。

ならば、我慢を覚えただけで頭一つ出るぞ。

自信をつけるテクニック集。そんな情報を集める前に、まず小さなことを自分自身でやってみること。

それだけで世界が変わって見える。

小さなことでも数か月続ければ世界が変わる。

そんなことを教えられる塾長でありたいと思っている。



今日の齊藤塾。
自習に来る小学生が増えました。
意欲的ですね。
先取り学習も例年以上に順調に進んでいます。
2か月分~3か月分の先取り。
総復習学年の結果は塾内テストと新学期の実力テストで判断します。

「覚悟」ができた人だけ募集中。

カタクリと猿



今年もカタクリの花が咲きました。

毎年一つだけです。

花もこの色だけのようです。

葉も2枚と決まっているようです。

何とも慎ましやか。

この小さな花に塾生の何人が気づいていることか。

今日は近所で猿被害の報告。

それも我が家の畑。

母親が作ったネギは、皆お猿さんの胃袋の中に入ってしまったようです。
猿って何でも食べるんですね。

猿は襲ってくるので怖いですね。

母と子供達の散歩コースに出没のようですし。

このブログにお猿さんの写真をアップできる日も近いかと思います。

イノシシの食事跡写真なら直ぐにでもアップできますが、まあ見てもしょうがないものですので。

さて、

塾の方は、今日から新小4生と新中2生が通塾。
真剣にプリントと格闘して行きました。
今日という日が彼等の人生において記念碑的な日になるでしょう。
いや、後で振り返った時にそう思えるようにしてみせます。
2015年4月2日から引き締まった人生になったと言ってもらえるように。

塾長メッセージ

年度初めの塾長メッセージ

「君達が今日も目の前の勉強に立ち向かい、戦い続けるのは君達自身のためではありません。

近い将来、社会が君を必要としたときに、自信を持って社会貢献するためです。

どうしても、君でなければならないと言われたその時に、たじろぐことなく、たくましく前に進み、社会に恩返しするその時のためです。

しびれるその瞬間のためです」


今日言いたいことはこれだけです。




今日は体験授業が1名。
高い目標を持っている新中3生です。
潜在能力の高さを感じました。

もう4月。覚悟を決めるのは早い方が良いですね。

一部の学年はあと1~2名で締め切ります。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

【遠方の方も吾妻線を利用して、土日、祝日中心に通っている塾です。長時間の個別演習形式で鍛えて結果を出しています。お気軽にお問い合わせください。】

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント