FC2ブログ

反復学習の醍醐味

正式には今日から春休みの学校がほとんどなんですね。

齊藤塾では「春期時間割」になって一週間目なので、今一つ実感が湧きません。
午前中は部活で忙しいためか、中学生の大半は午後の通塾となっています。
新中3生はいよいよ本気モードになってきましたね。人生最初の試練に立ち向かう緊張感が伝わってきます。
受験勉強はスタートが肝心です。出遅れるとペースをつかむまでに時間がかかりますので。

部活の大会が終わってから受験モードに入ろうか、と考えている中3生も多いでしょうか。それでは遅いと思います。受験が終わったばかりの新高1生に聞いてみたら良いと思います。特定の高校の特定の学科の倍率を見てもらえば分かります。1.5倍~2倍。塾内テストなどの結果から合格可能性80%以上などと出ていても決して安心できない倍率です。後で紹介しますが、今年前女に合格した塾生の合格体験記には、受験勉強を中3から始めたのでは遅い、と書いてありましたね。その通りです。

さて、

今日もひとこと言って終わりにします。

臨界点。

反復学習の醍醐味はこの一点に尽きます。
来る日も来る日も小さなことを積み重ねる。来る日も来る日も同じことを反復する。時には迷い、時には挫折しそうになりながら。

すると、あるときにスッと「見える」ときが来るのです。突然できる時が現れるのです。一度その快感を味わってしまったら少しくらいの苦労なんて苦労になりません。味を占めたらあの幸せ感を忘れららなくなるのです。

「では、どのくらい反復すれば良いのですか」

愚問です。修行者ならぶん殴られています。
臨界点は明日かもしれない。1年後かもしれない。気の遠くなるほどむこうかもしれない。

結果を保証してもらわないと頑張れないような人は弱い人です。



ただ、受験勉強について言えば臨界点は比較的近いのです。
「夢に出てくるくらい」考え続けている人には希望があります。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント