FC2ブログ

勉強と孤独

勉強は孤独にやるものです。

勉強という作業の大半は自分自身と向き合うことでなされます。
だから、孤独な作業なのです。

自分自身との対話は日本語でなされます。
日本人の場合には必然的にそうなります。

その言葉が貧困ならば、自分との対話の内容も貧困になります。
「日本人だから日本語くらいで『できる』、だから〇〇の学習を」

そう考える人が時々います。

安易な発想だと思います。
日本語が「できる」といっても、一人一人のイメージしているそのレベルの差があまりにも大きいから。

自分の日本語で自分自身と向き合う。
それなしの勉強はあり得ません。

私達の思考は自分自身の日本語でなされます。
その思考の道具を確立する段階をおろそかにしたくないものです。

その道具の確立は、活字を自分で読むことでなされると考えます。
できれば紙の上の活字で。
そして自分の手を動かして書いた文字で思考は深められる。
そう考えます。

勉強には手間がかかります。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント