FC2ブログ

群馬高専合格

齊藤塾から、今年も群馬高専の合格者が出ました。

これで齊藤塾からは3年連続で合格者が出たことになります。
塾長一人で教えている小さな塾としては健闘していると思うのですが。

今日合格した塾生。晩秋になって、本人とお父様とで高専受験について相談に来られたのを覚えています。入塾以来、偏差値が確実に伸びていること、学習に取り組む姿勢が真面目であること、理系科目を中心に塾内テストでしっかり得点できていて、苦手科目が見当たらないことなどから、私は高専受験をためらわずに勧めました。この偏差値を維持できれば、合格できるでしょうと伝えました。私の経験から判断して、高専を受験する資格が十分にあり、ほぼ同レベルの偏差値を維持していた先輩達が全員合格している旨も伝えました。本人も迷いはなかったようです。
目標が定まったことから、ますます食らいついて学習するようになり、2学期の通知表も素晴らしいものとなりました。入塾がきっかけとなり、学習のペースができて、そして私のコメントが本人の自信になり、合格につながってくれたとしたら、塾長としてこれ以上の喜びはありません。

群馬高専は全国の高専の中でもとりわけ充実した教育をしています。大学や大学院への合格実績も素晴らしいものがあります。まあ、面倒見が良いのですね。高専で確実に単位を取得して進級するだけでも楽ではありませんが、齊藤塾であれだけ集中して学習できたのですから、間違いなく高専進学後も学年をリードするような生徒になってくれるでしょう。工業関係に進みたい希望のある生徒にとっては、大学進学まで見通した時にはかなり「お得な」学校が高専ですね。1年次から専門的な学習に取り組むことで刺激的な生活が送れます。

さて、齊藤塾は3学期の期末テスト対策期間に入っています。

今日も、中1生は数学では立体の表面積、体積、扇形の面積と中心角の問題、また理科では地震波の速度、震源からの距離、初期微動継続時間の問題などを私のチェック後大量の問題と格闘して行きました。他の学年も含め、チェックが済んだ塾生は予想問題プリントやワークで期末準備の演習に取り組みました。
小6生は総まとめの学習に取り組んだ生徒が多かったですね。中学入学直後の実力テスト対策にもなりますしね。今の時期になると小6の学習内容も相当高度になって来ています。余裕のある塾生は中学内容の予習を進めました。中央中等受験を視野に入れている塾生は集中力がありますね。目標というもの大切さを実感しました。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

合格実績(2012年~2020年までの合計)前橋高校4名、前橋女子高校8名、高崎高校5名、高崎女子高校7名、群馬高専5名、渋川高校20名、渋川女子高校17名、高経附高校3名、前橋育英S4名(中学受験については初年度からの合計で中央中等8名、佐久長聖中8名それぞれ合格、大学受験については、群馬大、埼玉大、茨城大、信州大、新潟大、静岡大、早稲田大、慶応大、津田塾大、東京女子大、明治大、法政大、成城大、東洋大、獨協大等多数合格・詳細は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント