FC2ブログ

良い教材の選び方

君に一番ふさわしい教材の選び方を教えます。

まず、君の机の前に座ります。
次に本棚を見ます。

はい!そこにあります。

君にとって最もふさわしい教材は君の本棚にすでにあるのです。大型書店にあるわけでもなく、アマゾンにあるわけでもありません。

君に一番合っている教材。それを君はすでに持っているのです。ただやってないだけ。

どれを「選ぶか」ではないのです。「やるかやらないか」の方が問題なのです。
目の前にある教材をやってない人は、他の教材をやる資格はありません。様々な教材に目移りして、どれも中途半端になるのが一番恐いことです。何等かの文句を言って、目の前の問題集をやれない人は、新しい問題集を買っても、途中で投げ出します。同じように文句を言って。

学校で買ったワーク。塾から与えられた問題集。いずれも良いものです。良いものだから先生が選んでくれたのです。教材を作る人は、必死になって問題を精選し限られた時間で成果が出るように工夫しています。そのことを信じましょう。

高校入試が近づくと、中3生は周りの友達が持っている問題集が気になり出します。そちらの方が良いのではないかと不安になるのです。

だから、声を大にして言いたいのです。

一番やってはいけないこと。それは、目移りすること。

問題集が信じられない。先生が信じられない。

そして、自分が信じられない。

こういう心理状態になっていたら危険信号です。

大きく深呼吸しましょう。
大丈夫。自分だから大丈夫、と言いながら。

目の前にある問題集を信じましょう。それをやれば受かるのです。
だから、信じて反復すること。何度も何度も。

「その言葉を信じてよいのですね」

という声が聞こえてきます。勿論、信じてください。

私が経験上知っている「怖い事実」。

それは、いろいろな問題集に目移りした人は受験に失敗することが多い、という事実。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント