FC2ブログ

学ぶことは盗むこと

今日は群馬高専推薦入試でした。
受験した人は、今日受けたことは早く忘れて、次の一般入試の準備を進めましょう。

中央中等、佐久長聖中受験生の健闘を祈ります。

さて、今日は職人の話。

というか、私がこれから何を書こうとしているのか、私自身が知らないということを確認しておきたいのです。
書き始めてみて、どのような話の展開になるかは私を含めて誰も知らない。考えてみればそうなのですが、内田樹さんの文章に出合うまでは、そのような発想の存在自体を知りませんでした。

書く内容が先にあって、それを文字に写しているのではないということ。

私達が普段当たり前だと思っていることを疑ってみることも大事ですね。あくせくばたばたしていたのでは立ち止まって当たり前を疑う時間はないかと思うのですが。昨日の話の続きのような感じになってしまいました。

さて、職人さんの話。

職人さんの世界に憧れる人って多いですよね。私もその一人です。といっても、中学卒業と同時に修業に入り、親方の家で寝食を共にするような度胸も根性も持ち合わせていないのは、自他ともに認めるところです。まだ、何も知らない中卒段階で「後戻りできない」世界に飛び込むというその「覚悟」がいいですね。まだまだあどけなさが抜けない顔。不安を押し殺して、自らを鼓舞し覚悟したその目には感動させられます。

今は「やり直しがきく社会」が期待されています。私達が若いころは「モラトリアム」という言葉が流行しました。何度もやり直しがきいて、いつまでも最終決断せずに「自分探し」ができる社会。そんな社会で、人って育つのでしょうか。おおいに疑問です。いつでも再挑戦できるのでは、いつになっても腹がすわりませんよね。

そういう意味では限られた時間で準備し、自らの進路を決定せねばならない「受験」という体験は必要なものなのかもしれません。

職人さんの世界では、親方は弟子に教えるということをしません。親方のやることを「盗め」と言います。何故か。教わったたことは身につかないからです。教わるということは、やはりどこまでいっても受け身なんでしょうね。「盗む」もうという気持ちになって初めて「自ら」学ぼうという姿勢になれる。目の色が変わってくる。

教わったことは自分のものにならない。「盗んだ」ことだけが身につく。

学びは、主体的に学んでこそ本当の学びになるのです。
いや、それ以外の学びってそもそも存在しません。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント