FC2ブログ

農二特待入試合格発表

雪になりましたね。
この時期、仕方のないことですが。

もう少しの辛抱です。2月になれば雪も解けるのが早くなります。去年ほどの大雪では困りますが。

受験ももう少しの辛抱です。

受験生が今一番思っていること。

それは「早く楽になりたい」です。「早く自由になりたい」もあるでしょうね。

そこをどれくらい辛抱できるかです。「我慢」という言葉が聞かれなくなった時代でも、我慢した者の勝ちですよ。
オシャレな受験勉強って存在しません。自分の弱点がボロボロにさらけ出されて自己嫌悪に陥り、それでも立ち上がって戦うしかないのが受験です。

それって「戦い」の本質です。

サッカーで言えば「泥臭いゴール」で勝ちましょう。

よく、気持ちで押し込んだゴールってありますよね。受験はあんな感じのものです。

だから、「早く楽になりたい」を押し殺します。
自分を奮い立たせます。
そして、根拠のない自信で立ち向かいます。

今の時期、多くの受験生が気づいてしまうこと。
それは、「おいおい、オレはこんなこともできなかったのかよう」です。
そして「今まで何やってきたんだ」です。

そんな気持ちになっている人は大丈夫です。ちゃんとした受験生です。
自分が見えている証拠ですから。

心配な受験生の典型。

それは「いろいろやってきたから、多分大丈夫だろう」という人。
「いろいろ」の部分が不安ですね。自分の姿が見えていない。
もう少し具体的に見て行きましょう。

今日は農二の特待生試験の発表日でした。
いつも思いますが、基礎ができている人は合格しますね。
合否の他に、模擬試験的に公立高校の志望校内の順位まで教えてくれます。親切ですよね。私立高校特待生試験の位置づけが共有されているということです。400点とれた人はかなりの上位になっています。基本的な取れる問題をしっかり取った人の勝利です。ますますそういう時代になりました。特別なことはいらない。

それは、前高、前女、高高、高女でも同じ。倍率を見てビビる必要なんてありません。取れる問題をしっかり取った人が勝ちます。

受験後に「あんな問題だったら皆解いてしまうよ。差がつかないよね」という感想を持った人は合格します。それと、具体的にこの問題は解けたけれど、次の〇〇の問題はここが分からなかった、などと話ができる人。受かります。

ちょっと心配な人。それは「何とか埋めてきました。白紙部分はありませんよ」とか「ちょっと時間が足りなくて、最後の問題まで行きませんでした」なとど言っている人。

明日は育英の発表ですね。皆さん、上位ランクで受かって欲しい。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント