FC2ブログ

自信のない若者

自分に自信の持てない若者が増えているという。

自分の責任で自分の手足を使い、自分の頭で悩んで何かを成し遂げた経験が乏しいからではないか。
どんなに小さなことでも良いから「自分で」やること。
その小さなことの積み重ねが自信につながる。

「オレって結構やるじゃん」という感覚にたどり着くまでには、小さな小さなことの積み重ねが必要なのだと思う。
とても「成功体験の積み重ね」などと言えるほどではないくらいの小さなことの積み重ね。

例えば何を指す? とても恥ずかしくて言えない。

それで良いのだ。

というより、それが大切なのだ。

それが分かっていない人に限って「そんな小さなことではダメなのだ」と必ず言ってくる。
本当はその小さなことを積み重ねる忍耐力がない。最初から逆転サヨナラホームランを狙っている。
大振りしている。つまり、焦っている。一人ずつランナーを溜めるようなことができない。忍耐がない。
三振する。
失敗し傷つく。自信を失う。

恥ずかしくて人には言えないような小さなこと。
その小さなことの積み重ねがどれだけ自分を支えてくれることが。

本当の自信。

それは「根拠のない」自信。

「あの時オレはやれたじゃあないか、だから今度も大丈夫」などと具体的には示せない。

強いていえば、

オレだから大丈夫。

それしか言えない。何の根拠もないのだから。
根拠のない自信。それを支えているものは何か。
小さなことの積み重ねのような気がしてならない。
記憶に残っていないくらい小さなことたち。

それらが体や心の各部分をちょっとずつ支えてくれている。
だから揺るがない。
記憶に残っていないから「根拠がない」ように思える。

入試が近い。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント