FC2ブログ

王様は裸です。

「ああ!言っちゃった。それを言うかなあ」

何度、そんな顔をされたことか。

私ひとりで「王様は裸だ」なんて言っていた。

真実であるが故に誰も触れないこと。
それを問題にしても、簡単には解決できないことを皆知っているから敢えて避けていること。

今、自分が問題にしなくても良いのではないか、と多くの大人がスルーしていること。

触れてはいけない話題には触れないのが正しい「大人」。

大人には守るべきものが多すぎるのだろう。

「絆」と書いてあるカードを裏返して見たら「しがらみ」と書いてあった。
そう。社会で生きること、大人になるということはそういうこと。

でもね。

一度しかない(たぶん)人生。
私は自分に嘘をつくのが苦しい。自分に言い訳している自分の姿を意識したときの空しさたるや、それは立ち上がれないほどだ。それでは生きていることにならない。

譲れないところは譲れない。
「大人なら、そこは普通譲るものだ」といくら言われても、体が拒絶してしまう。
いくら「普通だ」と言われても、その普通が私には耐えられない。
そうやって生きてきた(つもり)。

「齊藤なあ。悪いこと言わないから・・・・」とアドバイスしてくれる親切な友人もいなかったわけではない。
あの時はきっと彼の方が正しかったのだろう。彼の勇気ある親切に感謝こそすれ、反発すべきではなかったのだろう。

私が未熟だっただけかもしれない。多分、そうだ。

そうだとしても、自分で選んだ道だから後悔はない。
大事なところで妥協してたら自分が空っぽになってしまう。

それでも何とかここまで来た。

こんな男にも、いや、私だからこそできる社会貢献がある、という自負がある。
こういう私にもできること。
こういう私だからこそ見えること。
他の大人がただ通り過ぎるだけの所にこだわって生きること。

あの時、妥協しなかったから今の私がある。
あの時、自分の好きなようにやってきたから、今出会える人達がいる。
それがしあわせ。

さて、

今日も朝8時から塾生が入室、最終の塾生は午後10時に退室。
自宅塾ですから、そのへんは柔軟にできます。
雪が降るという予想でしたが、このあたりは大したことありませんでした。
もうけた気分です。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント