FC2ブログ

本気なら動く

勉強の仕方を教えてさえくれれば勉強できる。

そういう人に勉強の仕方を教えてやると、ほとんどの人は教えてもらった勉強方法に抵抗感をもつ。

言われたようにはやらない。
教えてくれればやる、と言ったではないか。
やれよ。
と言いたいところだが、まあそんなもんだろう。

言われた通りにできないのなら、教えて欲しいなどと言わなければ良い。
一つの情報として知りたかっただけなのかもしれない。

齊藤なら何て言うかな、くらいの気持ちで。

その勉強方法。

もしかしたら命がけで体得したものかもしれないではないか。
苦しみ、のたうちまわって、気の遠くなるほど遠回りして手に入れた方法かもしれないではないか。

そんな想像力に欠ける人も少なくはない。

「やっぱり自分で考えます」

(じゃあ最初から聞くな。)

教育者としては、そんな態度ではダメなので、最低限の情報提供くらいはしてやる。

「それって、基本は〇〇学習法ですよね、ちょっと改良型かな」

(そんなことは早く忘れろ。やるのかやらないのか。)

真剣になった人はどこが違うか。

真剣になった人は動いている。
入試問題の過去問に対峙した時でも、手の動かし方が違う。いろいろ試行錯誤している。
だから、質問も的を射ている。私の説明がスーっと浸み込む。ピーンと分かる瞬間が私に伝わってくる。シビレル瞬間。

手を動かしている人は、様々な角度から問題を見ている。だから、把握の仕方が立体的。自分が動くことで視野が変わることを知っている。ちょっと動くだけで、問題の見え方は激変するものだ。

真剣味が足りない人は、手が止まり、同じ視点からずっと見続けているだけ。視点が同じだから、思考も停止している。
そして解き方を教えてくれ、と来る。解き方を教えてやると、その問題は解けるが次の問題でも同じように止まる。これも教えてくれ、と来る。取り組む姿勢が変わることはない。

この違いは何だ。

本気度の違いだ、と言ったら粗っぽすぎるだろうか。
本気度は伝染する。隣に座っている人の本気度。手の動かし方。

環境とはそういうものだ。

静かな闘志。

いよいよ塾生達の本気度が最高潮になってきた。もうすぐ冬期講習。




プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント