FC2ブログ

期末テスト対策期間



「伊香保グリーン牧場」のお散歩担当ヤギさんです。

ヤギとお散歩できる機会などめったにありませんよね。そもそも、最近はヤギを飼っている農家もほとんど見かけません。昔、母乳の出ないお母さんは、ヤギの乳を求め歩いたとのことですが。

いよいよ二学期の期末テスト対策期間に突入しました。齊藤塾でも、今日からテスト対策モードになりました。今回は学校のワーク、塾のワークを反復し完璧にした生徒から「テスト範囲ページ指定期末対策プリント」をあげることにしました。まずは、ワークで基礎固めをしてもらいます。


新指導要領になってから、教科書もだいぶ厚くなったのですが、まだまだ保護者の皆さんはその「分量の少なさ」に不安を感じておられるようですね。学校の先生方もいろいろと苦労されておられるのでしょうが、いかんせん休日が多すぎます。これだけの分量をこなすだけの授業時間が足りないのですね。
テスト日や行事日は授業を進められませんから、どうしても授業時間の絶対数が少ない。週休二日で、さらに祝日をそのままにして教科書を厚くしても無理があるのかもしれません。

齊藤塾では厚くなった教科書に対応した問題演習時間を十分に確保しています。それでもまだ足りないという保護者の不安を払拭できるくらいの分量です。塾生はくたくたになると思いますが。

齊藤塾では、自立型学習塾のメリットを生かして学校の学習進度に合わせて、「その日に一番やっておくべきこと」を最優先に指導しています。どんなに優秀な生徒でも、その単元の学習は生まれて初めて出合うものなのですから。生徒にとっては初めての内容。でも、私は毎年指導していますので、どこを抑えるべきかの優先順位が分かっています。そこを確実に固めてゆくことで、通知表に5を揃えてゆくのです。各自の進度に合わせることで確実に実戦問題のトレーニング時間も確保できます。

休日の多さ。

これをプラスに転じることはできないか、と考えてきました。

自由に学習できる時間が増えたともいえるのですから、休日をまるまる遊ぶようなことをせずに、しっかりと学習時間を確保すればむしろ自分の頭を使う時間は増えているともいえるのです。学校の授業があれば勉強は進んでしまいますが、お休みが多ければ、それまで学習した部分までの自分の学習を固めることが出来るのです。

だから、齊藤塾では休日に勉強道具を持ち込んで「気のすむまで」学習できる時間と場所を確保しているのです。まずは学習環境をつくること。そして、自らをその環境に放り込むこと。勉強以外の刺激がないところに身を置くこと。これほど休みが多ければ、休日に仕事することも勉強することも後ろめたくはありません。「自分のペースで」気持ちよく勉強を進めたいものです。休日の多さをプラスに転じることが可能となるのですね。

自由ほど苦しいものはありません。

敢えて自分を縛る環境を求めましょう。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント