FC2ブログ

巨大カボチャです。



ハロウィンも死者がお墓から復活して来るというお祭りのようですね。
最近はすっか日本でも定着した感のあるお祭り。まあ良いでしょう。表面だけ真似て楽しむ日本人。それを不真面目、不謹慎ととるか柔軟性ととるかは人それぞれです。最近は景気を押し上げる効果のあるものは全てが善のように捉えられる傾向にありますし。ハロウィングッズも売れているようですしね。

さて、今日は日曜日のようです。

休日はブログのアクセスも少なめになります。そういう時にこそいつも以上の本音を忍ばせます。そういう性格ですので。

今日言いたいことは一つだけ。
白紙答案の問題。
日本人の生徒の答案はPISAのテストなどでも、白紙答案の多さが目立つようです。現在、齊藤塾の塾生の中には白紙答案が目立つ生徒はいません。でも、以前は「何も書かなければこの問題は確実に0点だよ。分かった部分だけでも書いておこうようよ」などと指導する必要のある生徒がいました。そんなことまで教えねばならない生徒が。

白紙答案。
日本人は恥ずかしがり屋だから、という説明だけでは説明がつかないと思います。

ねばりのない生徒達。未解答の問題があるのに、試験時間を余して終了時間をひたすら待つ生徒達。

今、日本中でそのような生徒が多いのいではないかと危惧しています。

そのようなねばれない状態から、誰かが自分を救ってくれるのを待っている状態。
深刻なのは、解決法を模索する以前の状態だという現状です。問題が見えない人達が多いというか、難し過ぎる問題はスルーしておこうという姿勢の人達の多さ。そこにこそ深刻さの本質があると思います。タブー視されている、と言っても言い過ぎではないと思いますよ。

私はねばりのない塾生は許しません。
ねばらなくても何とかなってしまう状態こそが甘ったれを許しているのです。






プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント