FC2ブログ

また同じ話で恐縮です

私は「飴と鞭」の教育を否定します。

このブログでも再三書いてきました。

飴と鞭の教育では、結局は学力は低下してしまうのです。

努力をすれば飴がもらえて、努力を怠れば鞭で打たれる。
飴と鞭の教育は、結局のところ「上から目線」で「人をコントロール」する発想なのです。そして結果として、そのコントロールさえもうまく行かない。力によるコントロールは学習者の尊厳を無視しててっとり早く目先の結果を出すための手法なのです。目先の結果は出るが、すぐにしぼんでしまう。また、次に誰かが飴と鞭でコントロールしないと動かなくなる。こんどはもっと美味しい飴と、もっと痛そうな鞭でもって。

ものやお金によるご褒美は論外です。

「この問題集を3回やったら偏差値がいくつ上がりますか」なんて聞いてくる生徒がいたら、そもそもそれまでの教育が失敗だったことを意味しています。問題集を3回やったら偏差値が確実に5上がる。そんな単純なことではないはずですよねえ、勉強っていうものは。「偏差値5上昇」という分かりやすいご褒美がないと努力さえできないとしたら深刻です。

達成目標を設定すると、その目標達成のために「いかに効率的に時間とエネルギーを用いるか」という発想になりかねません。要領よく、最小限のエネルギー投資で到達を達成する。それが、賢い振る舞い。言うまでもなく、そういう振る舞いをする人を否定するものではありません。それだけでは危ういと言いたいのです。

〇〇したら必ず〇〇になる。そんな発想だけで激動の未来を乗り切れるとは到底思えません。

「こんなに勉強やらせて、成績が上がらなかったらオレ怒るよ」

私は駆け出しの頃、教え子にこんなことを言わせてしまいました。
今の塾生はその生徒達のお子さんの世代になっています。

勉強するのは親のためではありません。
自分のためでもありません。
自分の属する社会のためです。
それ以外考えられないのです。
だって、人間ほど「社会的動物」はいないのですから。
人間は社会から切り離されては生きて行けません。

実は、そのあたりがかなり危うくなっている今の日本です。
だから、深刻なのです。直視せねばならないのですが。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント