FC2ブログ

朝食抜きダイエット

数年前に比べて8キロほど痩せた私は、そのダイエット法を質問されることが時々あります。

その方法について記しておきます。

数年前は75キロほど体重がありました。階段を上るのもきつくなり、指が太くなったのも自覚し、なんとかせねばと気にはしていました。ジーパンのウェストは35インチにまでになっていました。(今は29~31インチ程度。)

意を決して始めたダイエット法。
間食と夜食とアルコールを止め、夜に走る、というダイエット法でした。これで、2か月ほどで5キロ痩せました。目標をクリアーしたのでひとまずダイエットはやめて普通の生活に戻しました。このダイエット法は効果ありましたが、やはり「ガマンのダイエット」の感ありでした。

その後1年半ほどで体重も71キロほどに戻り、次のダイエットの必要に迫られました。

次に始めたのが「朝食抜きダイエット」。

一般的に朝食を抜くのは良くないと言われています。私もその説を信じていました。ただ、私達塾業界の人は午後10時以降に仕事が終わり、リラックスタイムとなります。そこで、夜食を食べずに寝るというのは健康的ではありますが、何か物足りない。メリハリがつかない感があります。ガマンすればできないこともないのですが、まあしばらく我慢しても夜食やアルコールが復活したりするのですねえ。

それならばと夜食は摂ることにしました。そこでは自分を甘やかし、許してやってリラックスさせてやる。その代り、朝食は抜く、という方法を取ってみました。以前から、健康診断日などで朝食を抜いた日は体調が良いとい自覚があったので抵抗感はありませんでした。ただ、一般的に言われている「朝食を抜くのは体によくない」「朝食を抜くと返って肥る」という考え方との闘いではありました。

自分の感覚を信じて朝食を抜いてみました。(人生初めての体験でした。)夜食を食べた翌朝は朝食は特に食べなくてもなんとかなります。慣れるまでは飴などで誤魔化しながらの、だましだましのやり方でしたがすぐに結果として現れました。
朝食を抜くことのメリットは、一言でいうと「胃袋が小さくなる」です。最初の数日間は血糖値の低下を飴で補うなどという「誤った」やり方を挟むことになりますが、その後はそれほど苦しくはなくなります。食べないことで胃袋は小さくなり、「あまり食べられない」人に変身してしまいます。

基本的には朝食は抜く。空腹になった11時ころにはちょっと食べてみる、というような方法になります。家族と食事の時間はずれてしまいますが、この方法を取ってからは午前中はあまり食事をとらなくなりました。朝食をとらない生活に対する「罪悪感」から解放されてからは、午前中はほとんど食べなくなりました。食べない方が体調が良いのですよね。(ニンジンジュースなどは飲みます。)そうすると昼食もあまり食べられなくなります。だって、胃袋が小さくなっていますから。夕食は普通にとり、夜食は好きなものを食べます。チョコレートをつまみにしてビールを飲むなどという「ありえない夜食」もとることがあります。それでも痩せます。

先日の健康診断でも腹は出ているとの指摘を受けました。ただ、体重は67キロ~68キロの間を維持しています。75キロあった体重。今は20年前の体重に戻しました。

中年男のダイエット法など興味ないかもしれませんが、もし体重制限でお悩みでしたらお試しください。

ちなみに「朝食抜きダイエット」中の運動はゼロです。勿論、運動はやった方が良いに決まっています。1日5分でも走ればもっと効果的だったでしょう。ウォーキングなどを取り入れたらもっと良かったでしょう。それは分かっています。完璧はなかなか難しいのです。

ただ、運動ゼロ、夜食食べ放題のダイエット法でも痩せるということを言いたかったのです。

多分、「ブックスダイエット」の方法に近いかもしれません。食べないことのストレスを夕食や夜食で解放してしてやる。でも1日のカロリー摂取は抑えるというやり方でしょうか。

中年塾人のダイエット。ご参考までに。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント