FC2ブログ

真夏の水芭蕉



ドクダミの向こうで枯れ始めた水芭蕉の葉です。

さすがにこの写真を見て、水芭蕉だと分かる人は多くはないでしょうね。

昨夜は授業後、外灯の下でセミとクワガタを発見。自宅に連れて帰りました。いずれもメスです。子供達に見せたら早めに外に放してやらないと。お盆を過ぎると、日に日に秋が近付きます。

今夜も外は虫の音。

セミもクワガタもメス達には次の世代を残して欲しい。セミは冬眠できません。

そういえば、「世界の名犬牧場」にも赤とんぼが沢山飛んでいました。
吾妻では稲の穂もだいぶ垂れてきました。

稲刈りも標高の高いところから低いところへと降りて行きますね。

自立型学習塾の形態も標高も低いところへと降りてゆく。
そう私は予想しています。
この予想は当たると思います。特に、個人塾の場合。

そんなわけで、秋の話題からスムーズに(?)塾の話題へと移れました。

夏期講習も終盤になりました。中学生は実戦問題に取り組んでいます。徐々に自信をつけてきているようです。
部活で言えば、ワーク学習は日々の練習、実戦問題は練習試合でしょうか。試合経験を積まないと強くはなれません。予想外の場面に出くわした時にこそその成果が問わるるのですから。

思えば、齊藤塾は7月19日に夏期時間割へと移行しました。気が付けばもう8月16日。もうすぐ1か月なんですね。
毎年思います。じっくり時間をかけて反復すれば皆できるようになる。要するに、普段は「消化不良」になっているのです。それを自分の実力だと勘違いしているとすれば、それは悲しいことですね。理解し反復する時間を十分にとってやる。そうすればできるようになります。時代は「限られた時間で問題を解く」という方向にますます進んでいます。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント