FC2ブログ

学力低下と言うけれど

学力低下は本当か。

盛んに言われている学力低下。これは事実でしょうか。

残念ながら事実です。長年塾をやってきた私の実感でもあります。生徒達はそんなことを言われても困るでしょうが。道具はどんどん発達し、学習する意欲さえあれば何でも揃う環境であるのに、何故学力が低下するのか。私は、自信を持って答えられる答えを持っていません。

某予備校が長年に渡り、入学者に同一レベルの問題を解かせて統計を取っています。そして衝撃的な事実を発表しています。

「毎年偏差値が1ずつ下がっている」

本当なんでしょうか。言葉をそのまま信じれば20年で偏差値は20も下がる計算になります。それほどのことはないでしょう。この場合の「偏差値」という言葉は統計的な意味での偏差値ではないのかもしれませんね。まあ、分かりやすく言えば客観的学力という意味でしょうか。

この調査と私の感覚を合わせると、結論的なことが言えます。

それは、

当たり前のことができるだけで頭一つ出る。

教科書レベルのこと。ワークの「標準問題」レベルのことが一通りできるだけで上位に食い込めるということです。
今日、初めて私のブログをお読みの方もいらっしゃると思いますので、齊藤塾の塾生のことをちょっと書きます。
近年、齊藤塾の合格実績については自慢できるレベルかと思います。しかし、トップ校合格lの為の秘密があるのかと言えばそれは違います。秘密がないのが秘密です。言い換えれば、普通のことを徹底的に詰めること。「凡事徹底」でしょうか。しっかり考えれば解ける問題を、まさにしっかり考えてきちんと解くこと。この積み重ねで確実に偏差値は上昇します。偏差値で15も上がった生徒もいますが、普通3~5も上がれば世界が変わります。齊藤塾では偏差値を確実に上げるということを、実戦問題で鍛えることで実現しているだけなのです。
偏差値は他の受験生との比較で決まります。ということは、他の受験生が普通のことを普通にクリアーすることに失敗しているということを意味します。詰めが甘いというか。

詰めるべき部分を詰めるとどうなるか。
業者実施の模擬テストで志望校順位が出ます。齊藤塾の塾生はトップ校で一桁順位をよく出してくれます、今年もすでに。前女、渋高、渋女受験生が一桁順位を出してくれています。近年では高高、前高、高専でも出しています。それも複数人数。塾生達は頑張ってくれていますが、まだまだ私に言わせれば「詰めが甘い」。それでもすでに一桁順位。これは、どう理解したらよいのでしょうか。普通のことをしっかり詰めるだけて上位に行ける。他の受験生は意外と詰めが甘い。

何故詰めが甘くなるのか。何故、毎年学力が低下し続けているのか。本当の理由はわかりません。ただ、何となく感じるのは子供達の生活が不規則になっていて、落ち着いて勉強したり、読書したりする時間が確保できていないのかなあということです。だとしたら残念です。そして、深刻です。

私はゲームについては否定的な立場です。多忙な小学生については同情しています。

今日、一部の地域にチラシを折り込みました。私のブログの他のページもお読み頂ければ嬉しく思います。かなり過激なことも書いていますが、まあ本心です。一般的な教育関係者の方のご意見とも違うでしょう。また、保護者の皆さんの姿勢にも厳しい指摘をさせてもらっています。「変わった塾長」かもしれません。でも、私が他の塾長と同じなら私の存在価値はありません。今後も思索を続け、本心を書き続けます。

今日は、期末テスト後の生徒の「反省文」と保護者の「意見欄」について一言書こうかと思いましたが、後日にします。

齊藤塾の夏期講習は19日からです。塾生の募集人数はほんの少しだけです。私のキャパを超えないようにしていますので。
プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント