FC2ブログ

頑張った自分に対するご褒美

勉強は弱い自分との戦い。しかも長い長い戦い。

だから、息切れしないようにしたい。

頑張った自分にご褒美をあげることはあってもよいことでしょう。
自分で自分を評価し、褒めてあげる。

例えば、

問題集を10ページ解いたら、お菓子を食べる。
45分集中して学習したら、好きな音楽を3曲聞く。
3教科分の学習が終わったら、30分間散歩する。

自分の好きなものを餌に頑張らせるということになりますか。勉強は、分かるか分からないのギリギリのところで頭を使わねばならないのでとてもストレスがかかります。ストレスのかからない勉強では力がつきません。(ノート作りのような「作業」を勉強だと勘違いしている人はもういませんよね。)だから、精神的にも肉体的にもつらいものです。適度に休みながらメリハリをつけることで継続が可能になります。

山登りで成功するコツは、適度に休みを入れることだそうです。つまり、無理をしない。山登りでの無理は命に関わります。勉強も長い戦いになります。適度に休みは入れるが、決して前進を止めないこと。むしろ、休みを時々入れるからこそ継続できる。無理をしないから前進を継続できる。結果的に無理して途中で倒れた人よりも大きな成果が得られる。

書きながら、自分自身に言い聞かせていることに気づきました。仕事も同じですよね。お読みくださっている保護者の方も同じ意見ではないでしょうか。

良い仕事ができる職人さんは上手に休みを取りながら仕事を成し遂げています。
あまり休日を取らずに指導している私が言っても説得力がないかな。実は、見えないところでは結構休んでいるんですよ。
大人でも頑張った自分に対するご褒美を用意する人は少なくありません。大きな仕事をした一つの区切りとして形あるものをご褒美とすることは悪いことではないでしょうね。私はあまりやりませんが。

さて、中高生の「自分に対するご褒美」の話のつづき。

これは自分に対するご褒美、というところがポイントです。
つまり、家族の誰かがあげるものではない。よく、期末テストで450点以上とったら〇〇を買ってあげる、というようなご褒美を用意する父母の方がいます。子供が欲しがっているものをご褒美として用意し、子供のモチべーションを上げようという安易な方法。お小遣い増額などの極端な例もあるようです。「お金」は露骨ですよね。

このようなご褒美は子供の勉強に対する目的を変質させてしまいます。自分自身のために頑張っている子供に対して、横から割り込んで勉強の意味をレベルダウンさせてしまう行為を親自らが行ってしまうことになります。
子供に勉強して欲しいという気持ちは良くわかります。でも、こんなご褒美はありえません。親は子供に対して圧倒的に力を持っているので、子供はこのようなご褒美の提案を拒否することはあまりありません。だから後が厄介になります。

今日は、「自分に対する」ご褒美はあってもよいだろう。それが長い戦いを継続するコツかもしれないという話でした。あくまでも「自分に対する」ご褒美です。子供より上位に位置する親が「授け」たり、「餌」として使ったりしてコントロールをしようとして用いるご褒美は子供に対して失礼です。子供は、勉強を通して人間的成長を成し遂げるべく必死に自分の弱さと戦っているのですから。

小学生低学年の子や幼稚園生が、家のお手伝いをしてご褒美をもらうというケースもあると聞きます。私はこのようなご褒美にも反対します。お手伝いで、子供は自分なりに家族の一員としての応分の役割を担うという経験が積めます。自分にもできることが増えているという成長を自覚し、自信をつけることができるのだと思います。「報酬」はその意味を変質させてしまいます。この問題についてはまた書きます。


プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント