FC2ブログ

期末テスト前、徹夜はやめよう

徹夜は最も効率の悪い学習方法です。

人間は昼間に活動して、夜は寝るというふうにできている動物です。だから、深夜の勉強は効率が非常に悪くなります。高校生でも深夜1時以降に就寝するのは遅すぎます。中学生ならもっと早く床に就いて欲しいと思います。夜遅くまで起きている癖がついてしまっている人は、生活のリズムが狂っています。特に、夜になると目がさえて、昼間眠気に襲われている人は今日から生活を変えないと貴重な時間を大きくロスすることになりますよ。

夜の方が集中できるという人へ。

それは錯覚です。家族が寝静まってからでないと集中できないというのは単なる「甘え」です。限られた昼間の時間を有効に活用して、テスト準備をしようという覚悟のない人です。錯覚と甘えに支えられているような時間感覚の人に、試験勉強が上手にできるとは到底思えません。「夜型の人」だっているじゃあないか、という声が聞こえてきそうですね。確かにいます。200人に1人くらいかな。もっと少ないかもしれません。あなたがその1人だと断言するなら、私から申し上げることは何もありません。
一部の芸術家などで夜に活動して、昼間に寝るという生活を続け、素晴らしい作品を生み出している人は確かにいます。同じ方法で期末テストの準備をしたら良いでしょう。テストも入試も昼間ですが。

「帰宅したらまず寝て、夜になったら起き出して勉強を始める」

これもダメです。帰宅後、どうしても眠い人は寝てよいと思います。でも、1時間以内にしてください。それ以上寝ると体のリズムが狂ってきて、なかなか体が目覚めません。1時間以内の「仮眠」程度なら頭がすっきりして勉強に集中できます。

何故、これほど厳しい口調になるか。私はすべて自分で試して失敗したからです。
自ら人体実験をして、ことごとく失敗したのです。笑ってください。
昼間に活動して夜は寝る。これ以外の方法では人間という動物は集中して活動できない。こんな当たり前のことに気づくまでに私は多くの犠牲を払ったのです。私自身の体を使っての人体実験。

「夜の学習は集中できる」

これは迷信です。一部の芸術家を除く大多数の人にとっては非効率なやり方です。やってみる価値さえありません。人体実験は私がやってみて結論が出ていますので、皆さんは私の結論だけを「利用」なさってください。

夜は長いとうのも錯覚です。頭が働かなくなるから長く感じるだけです。特に2時以降など時計の針ばかりがグングン進んでしまいます。夜中はある種の陶酔感があります。これが怖いのです。

まず寝る時刻と起きる時刻をしっかり決めましょう。そうすれば体内時計を正常に働き、集中して学習できます。夜型の人の大半は昼間の大切な時間をぼーっとして過ごしています。

寝るべき時に寝るから、昼間の学習にも集中できる。ああ、なんとも当たり前すぎる話。

今の中高生の中には小さいころから夜更かしの習慣がついてしまっている人がいるようです。今からでも遅くはありません。体内時計を「正常」に戻しましょう。

農家の朝は早い。早朝5時には家族全員が起床していました。私が朝型人間で、昼間に学校で全く眠くならなかったのは「農家の生活習慣」のおかげです。農家に生まれて良いこともあるのです。



プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント