FC2ブログ

難問の構造と習慣

基本問題を二つ組み合わせると難問になる。
三つ組み合わせると超難問になる。

難問の解説を理解できる生徒は二つの基本問題をあらかじめ理解できている人だ。
超難問を理解できる生徒は三つの基本問題を理解できている人だ。

図形の証明問題。

補助線を一本引いて解く問題はそこそこ難しい。
二本引いて解く問題はかなり難しい。

要素が複数になっただけで、問題の難易度は格段に上がるものだ。

高崎高校の前期試験。
よく練られた良問だと思う。出題者の意欲の表れともいえるだろう。
複数の要素を組み合わせて作られた難問だ。
各教科の知識だけでなく、それらを「柔軟に組み合わせる」力が試されている。総合問題が厄介なのは、出題内容の予想が出来ないこと。教科学習だけではなく、日ごろから新聞なども読む習慣をつけ時事問題に関心を持つ癖をつけておく必要がある。

日ごろニュースなどを見るときに、「もしこの話題で出題されたら自分はどのような解答をしようか」とすぐにイメージする癖をつけるだけでも良いトレーニングになる。その習慣の積み重ねが大きな力になる。

小論文、作文形式の問題についても同じ。

何かの話題が出たときに、このテーマで文章を書くとしたらどういう論点で書こうかとちょっとイメージするだけでもよい。そういう癖をつけること。それが公立高校の作文や中央中等の適性検査試験の対策にもなる。

地理が苦手な生徒は次のことを試して欲しい。

見えるところに地図を置いておく。
ニュースでとりあげられた地名をすぐに地図で探してみる。それだけで、地図に親しむことができる。また、そこが大切な場所のような感覚にもなる。日本でも世界でもその場所で人が生きているのだ。想像力を掻き立てられる。

どんな教科についても同じだが、一旦立ち止まって自分の頭で整理してみる。その話題を「大切に扱ってみる」といってもよいだろうか。
それだけで、見え方が違ってくる。

補助線を一本引くだけで図形の見え方が異なってくるように、立ち止まってその話題を大切にする視点を持つだけで、ものの見え方が変わってくる。
その習慣が高高の前期試験や中央中等の適性検査試験で、他の人よりも頭一つ出る解答が書ける下地になる。優秀な生徒が競う試験でも、きらっと光り採点者の目に留まる解答が書ける土台作りになる。



プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント