FC2ブログ

塾業界のタブー?

学校は友達に会いにゆくところ。それと、部活をするところ。
一方、塾は勉強をするところ。

このように言い切っている塾長も多い。

私は違うと思う。
私は、タブーに触れたと業界人たちから言われることが時々ある。

生徒達の毎日の生活を考えれば、塾よりも学校で過ごす時間の方が圧倒的に長い。勿論、勉強している時間も学校の方が長い。学校の授業を生かさずして受験に勝てないのは自明だ。

塾と学校とは車の両輪だ。塾は学校の勉強を確実に身につけるために存在している。塾が生徒の勉強についてすべてを引き受けられると考えたとしたら、それはおごりだ。私も塾での指導は的確で効率が良いと自負している。それでも、学校の授業を無視しては成り立たない。

勉強できるようになるコツはいたってシンプルだ。
自分の頭を使って考えることと、教わったことをその日のうちに自分のものにしてゆくこと。
この繰り返しと積み重ね。
塾がこれを妨げるようなことがあってはならない。
生徒は一つの体で学校の勉強と部活、さらに塾の勉強をこなしているのだ。

生徒の生活をトータルでマネジメントしている人がいないのが気がかりだ。
それは誰の仕事なのだろう。親か本人か。いや、関わっている大人達がお互いに遠慮しあうべきなのか。

まあ、実際は生徒自身がどこかで手を抜けるところを抜いているだけのことなのだろう。すべてを完璧にできるなどとは最初から誰も期待していないのかもしれない。それが分かっているから生徒達も「要領よく」振る舞っているのかもしれない。今から世渡りを学んでいるのか。

そう、ここで宿題ついての問題が関係してくる。もともと多めの学習量を与えておく。つまり、全部はできないことをもともと想定しているような気がしてならないのだ。宿題にしろ、普段の学習にしろ、どうもそのあたりが曖昧ではないだろうか。
父母の皆さんもそんなことないだろうか。学校の勉強のほかに学習塾と習い事とスポーツクラブに通わせておいて、まあどれかがそのうちに生きてくるだろう、という感覚でなければよいのだが。
私達のようなプロは結果を出すことに必死になる。生徒にやらせなければ結果は出ない。どうしても生徒の負担は大きくなる。

もともと子供に忙しい生活をさせておいて、大人も子供もお互いがその事実認識を共有しているから、宿題をやらないという選択肢が容認されているのかもしれない。

またタブーに触れているかな?

私が言いたいことは一つだけ。どこで生徒自身に覚悟をさせるか、ということ。自分自身に向き合う時間をしっかりとってやること。一人一人には得意不得意の濃淡がある。それにじっくり向き合わせること。中1以上の学習ではそこが大切になる。小学校までとは違って、抽象的な思考が試されるからだ。勉強のつらさのレベルが違ってくる。

先取り学習をあまりしてしまうと、学校の授業に臨むワクワク感が薄れてしまう。授業中の先生の発問に真剣に向き合えなくなる危険性がある。ネタのばれた手品を見ているような緩んだ態度で学校の授業に参加する危険性があるのだ。塾が先取りすることで、生徒が学校の授業をなめてかかるようなことがあってはならない。そんなことがあったら、学校にとっても、塾にとっても、もちろん本人にとっても失うものが大きすぎるからだ。とくに中学生は「こんな勉強は楽勝だ」と思った瞬間に授業をなめてかかるきらいがある。楽勝、楽勝といって授業にいい加減に参加しているうちにいつのまにか分からなくなっている。そんな子供っぽい態度をとって欲しくない。誰の為にもならないのだから。

塾で先取りしておくことで、不安なく学校の授業に臨める。それはそれで認める。多くの塾が先取りの指導をしている理由はそれだろう。勉強に自信のない生徒が、授業中に恥をかくのではないかと心配しながら授業に望む恐怖ははなりしれない。そのような生徒が塾で先取りしておいてから授業に参加することで、不安が解消され授業中に活躍できるようになったとしたらそれは素晴らしいことだ。塾としても良い仕事をしたことになるだろう。そんなことは分かったうえで書いている。

学校の授業は、先生の発問を受けて生徒達が考えるというスタイルが多いと聞いている。
先生と生徒の真剣勝負。どのように展開するかは始まってみなければわからない「生きている」授業。今日は何が起きるだろうかとワクワクドキドキしながら臨む授業。想定外の生徒の活躍で予想だにしなかった学びが発生する。生徒も先生も予想もしていなかった収穫のある授業。そのような授業のチャンスを塾がつぶしてはいけない。

塾仲間の勉強会で、大先輩のY塾長の発した言葉が今でも忘れられない。もう、数年前のことだが。
ある塾長が、自塾の小6生にその地区の中1英語教科書を先取り学習させていると自慢げに語ったときのことだ。
「そんなことをやったら、中1になってからやることがなくなっちゃうじゃあないか。学校の授業がつまらなくなるじゃあないか」
こんなことを言う塾長を私は他に知らない。

もう6月。

Y塾長の1周忌が近い。



プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント