FC2ブログ

追い詰めれれると攻撃的になる

攻撃的な人は追い詰められている。

逃げ場がないほど追い詰められた人はそのストレスのはけ口を探す。大きすぎるストレスは生身の人間を攻撃しないと発散できない。なんと厄介なことか。自分よりも弱い者が自分の攻撃により苦しむ姿を見ることでしか、大きすぎるストレスは発散されない。

そもそも逃げ場がないほど追い詰められたということは、その人を追い詰めた強い人がいることになる。だから、追い詰められている人は追い詰めた人よりも弱いことになる。その弱さを自覚し、受け入れざるを得ない苦しみから逃れるために自分よりも弱い攻撃相手を探す。弱い人は反撃してこないから「安心して」攻撃できる。そして弱い人を攻撃できる自分の「強さ」を自覚することもできる。歪んだ手法を通してではあるが、強さを取り戻したかのような気になれる。

これが「いじめ」だ。

いじめられる人に責任はない。責任は全くないのだが、攻撃する人は、いじめられる人が持っているとされる「いじめられても仕方のない理由」のようなものを挙げてくる。攻撃する方としての理屈があるのだ。

やることが遅い。空気が読めない。人と同じことができない。人と違う服装をしている。話についてこられない。

攻撃する人にとっては、いじめられる人が「不快な信号を自分に送って来た」と感じるものなら何でもよい。
自分よりも弱い者が不快な信号を送ってきている。しかも、送った本人はそれに気づいていない。

このような状況は、彼らにとっては弱い人を攻撃する「正当な」理由に十分になりうるようだ。
だから、いじめる側としては「当然の権利として」攻撃してくる。だって、正当な理由があると彼等は思っているのだから。これほど、不快な信号を送ってくる人は攻撃されても仕方ない、と考えて。

溜まりに溜まり、発酵して爆発寸前ではけ口を探しているストレスの前に攻撃してもよい相手が現れる。攻撃する方としては「正当防衛」の感覚だ。だから、攻撃に勢いがつく。彼らなりの大義名分があるのだ。
いじめられる人が何も自覚していないのに、攻撃相手は不快な信号を送られたからその「反撃」としていじめてくる。いじめている方は正当防衛くらいのつもりなのだ。

自分よりも強いものに追い詰められて溜まりに溜まったストレス。そのストレスは自分よりも弱い人間を攻撃し、自分の強さを自覚することでしか解消されない。そこに、「流行に乗れていない」などの「不快信号」を送ってくる人が目に入る。不快信号を受けた方は反撃すべき「正当な理由」があると感じて「安心して」攻撃してくる。反撃してこない弱い相手を攻撃するというのに、攻撃してもよい理由が整っている。攻撃する方の勝手な理由づけではあるが。

溜まっていたストレスがある程度は解消される。

これが、いじめだ。

(中高一貫校、私立、高校生は中間テストが近づいてきました。質問も多くなってきましたね。予想問題とワークで着々と準備が進んでいます。)

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

齊藤塾合格実績・・・前高、前女、高高、高女、高専、渋高、渋女、高経附、佐久長聖中、中央中等、樹徳中、埼玉大、新潟大、群馬大、静岡大、高等工科他

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント