FC2ブログ

勉強は自分との戦い

勉強は自分との戦いです。もっと言えば、自分の弱さとの戦いです。

学習時間はすなわち「自分の頭を使って考える時間」だと私は考えます。

静かに、そして真剣に自分と向き合う時間。少し苦しく、少し退屈で、たまに面白くなる時間の確保。
ほとんどの生徒の場合、その時間は自分の子供部屋では作れない。

勉強しかできない時間と空間の確保。誘惑の多すぎる現代の子供達だからこその悩み。学校では授業を受ける。習い事も教わっている時間が大半。基本的にそれらは皆「受け身」です。

自分のペースで自分の頭を使って自分自身と対峙する時間の確保は、今や、た易いことではなくなってしまいました。

さらに、共働きが普通になった時代。家族による車での送迎が基本となっている田舎の塾で、どうやって指導時間を確保するのか。

模索した結果、私がたどり着いたやり方が自由通塾という方法でした。
今後、このやりかたの塾は増えると私は予想しています。

いつでも通塾でき、通塾日、通塾時間の変更が自由だということ。

齊藤塾では月初めに各塾生から「通塾予定表」というものを提出してはもらいますが、通塾日の変更は自由です。よく、個別指導塾などでは予定変更は2回まで可能、などとなっていますが齊藤塾では何回でも変更自由です。その代り、全体の通塾回数だけは減らせない、というシステム。

私のこのやり方を知った塾仲間からは、生徒はちゃんと通塾して来るのかとの質問をよく受けます。特に、齊藤塾のように学習時間が長く、講師から面白い話を聞ける訳でもなく、ひたすら自分と向き合うような塾に生徒が嫌がらずに通って来るのが不思議なようです。勉強は苦しい、という前提で出来上がったシステムですから私にとっては当たりまえのことですが。一般的な塾のように講師から何等かのモチベーション上げのようなものもなくて、ひたすら問題を解き続ける塾に生徒が嫌がらずに通ってくることが信じられないと思う同業者も少なくないようです。

齊藤塾ではこのシステムはうまく機能しています。

機能している最大の理由。それは、システムを理解している生徒だけが通塾しているということ。このシステムを受け入れられる腹のすわった生徒だけが通ってきているということ。このやり方に耐えられるだろうと保護者のみなさんが判断した生徒だけが通塾しているということ。学習の臨界点をイメージしてひたすら頑張れる生徒が来ているということ。

こんな田舎の塾でこんなやり方が機能することは驚きかもしれません。でも、現実なのです。

今後、少子化はさらに進みます。

少子化の影響が顕著に表れるのはまず田舎からだと私は思っています。そういう意味では、「時代の変化の最先端」かもしれません。私は「田植えと同じ」と言っています。標高の高いところから低いところは次第に降りてゆく。だから今後、10年近く前に私が模索したのと同じ模索を「標高の低い」個人塾は迫られることでしょう。
その時には参考にしていただけるかと思います。まだ、多くの個人塾は昔ながらの方法を継続できているようですから、変化する必要はないのでしょうね。追い詰められていませんからね。(失礼な言い方になっていたらごめんなさい。)

まあ、業界の話はともかく、そうやって自由通塾システムによって学習時間を確保することで齊藤塾は結果を出しています。送迎の都合、習い事の都合、部活の都合、学校行事の都合等を優先して良いから、通塾の回数だけは確保してください、そうすれば結果は保証しますよ、というやり方。良く考えるとこんなやり方を真似る塾長はいないかもしれませんよね。時代を先取りするやり方のような書き方をしましたが、真似しないかもしれませんね。まあ皆さんオシャレな生活が好きですから。

通塾時間、通塾日の変更が自由ということは簡単に言うと「今日でなくてもよい」ということ。「ちょっと今日は通塾する気分になれないな。明日にしようかな。」ということを繰り返していたら通塾する日がなくなってしまいます。このやり方が機能しているということは、齊藤塾は意識の高い生徒、保護者に恵まれていると言えます。やる気のある人が集まってきている。意識が高くない人は違和感を感じていられなくなってしまう塾かもしれません。

時々自分でも思います。「この土地でこんな塾が可能なんだ」と。

学力低下が叫ばれています。でも、私は断言できます。勉強する時間、空間、指導者が確保できれば勉強したい子供達は沢山いるということを。

今日も中高一貫校の生徒を中心に長時間の学習をして行きました。中間テストが近いですからね。
自分と戦い、質問する。自分と戦い、必要な教材をもとめる。少し苦しく、少し退屈。でも結果が確実に出るから頑張れる。そもそも勉強ってそんな感じですよね。量をやらないと結果は出ません。反復しないと結果は出ません。それらの確保が保証されている塾です。

プロフィール

齊藤塾塾長 齊藤茂

Author:齊藤塾塾長 齊藤茂
渋川高校卒業後、代々木ゼミナール(教務課)に3年半勤務。4年目の9月より浪人生活を送り、翌年4月に群馬大学教育学部に入学。卒業後、藤岡市、前橋市の大手進学塾にて前高、前女、高高、高女進学コース、附属中クラスなどを担当。平成9年に出身地の東吾妻町矢倉にて齊藤塾を開塾。以来トップ校受験生の指導にあたる。

2019年合格実績
前橋高校1名、前橋女子高校1名、高崎高校2名、高崎女子高校2名、群馬高専2名、新潟大歯学部1名、中央中等1名(その他・過年度分は下のホームページからどうぞ)

* お問い合わせは下記問い合わせバナーからどうぞ。
* 齊藤塾ホームページへは下のリンクからどうぞ。

最新記事
齊藤塾へのお問い合わせ
齊藤塾ホームページ
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新コメント